現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、1周目のシロトキンとの接触により5秒加算ペナルティ。順位に変更はなし/F1ベルギーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

ボッタス、1周目のシロトキンとの接触により5秒加算ペナルティ。順位に変更はなし/F1ベルギーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ベルギーGPの決勝レース1周目にセルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)と接触した件について、5秒のタイムペナルティとペナルティポイントを科された。

 決勝レースのスタート直後、ボッタスはターン1の進入時に目の前を走っていたシロトキンと接触。ボッタスはフロントウイングにダメージを負った。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 前方ではニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、シャルル・ルクレール(ザウバー)が絡む大きなインシデントが発生したため、セーフティカーが出動した。このタイミングでボッタスもピットに入り、大きなタイムロスをすることなく作業を終えた。その後は隊列に復帰してオーバーテイクを連発。最終的に4位でレースを終えた。

 一方シロトキンのマシンは、外見的にはマシンに大きなダメージはないように見えた。シロトキンはそのままレースを走り切り12位でチェッカーを受けた。

 ボッタスとシロトキンの接触は他のドライバー対して大きな影響を与えることはなかったものの、FIAはレース後にボッタスを呼び出し、5秒のタイムペナルティを科した。

 ただ、ボッタスは5位のセルジオ・ペレス(レーシングポイント・フォースインディア)よりも7秒前でチェッカーを受けたため、このタイムペナルティによる順位の変更はない。

 スチュワードの裁定は、以下のとおりだ。

「カーナンバー77(ボッタス)は、完全に状況判断を誤り、カーナンバー35(シロトキン)のブレーキングには驚いたが、もっとマージンを設けるべきだったと、接触は自分の責任であることを認めた」

 さらにボッタスはペナルティポイントを2ポイント加算された。これでボッタスの累積ポイントは4ポイントになった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します