現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 多重事故引き起こしたヒュルケンベルグ、次戦イタリアGPで10グリッド降格ペナルティ|F1ベルギーGP

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

多重事故引き起こしたヒュルケンベルグ、次戦イタリアGPで10グリッド降格ペナルティ|F1ベルギーGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、ベルギーGPの1周目、1コーナーで発生した多重クラッシュの原因となったとして、次戦イタリアGPにおいて10グリッド降格ペナルティを科せられた。


 18番手から決勝をスタートしたヒュルケンベルグだが、スタート直後の1コーナーへのブレーキングが遅すぎ、タイヤをロック。マクラーレンのフェルナンド・アロンソのマシンに追突してしまった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 アロンソのマシンはそのまま、シャルル・ルクレール(ザウバー)のマシンを乗り越えるようにクラッシュしてしまった。


 スチュワードの調査の結果、ヒュルケンベルグが多重クラッシュを引き起こしたと判断され、モンツァでグリッド降格を受けることになった。また、ペナルティポイントも3点加算されている。

 スチュワードの声明では「カーナンバー27のドライバー(ヒュルケンベルグ)は、状況を誤って判断し、自分のミスだと完全に認めている」とされている。

 事故に巻き込まれたアロンソは激昂し、ロマン・グロージャン(当時ロータス)が多重クラッシュを引き起こし、1レース出場禁止の処分を受けた2012年のベルギーGPと類似点があり、同様のペナルティが必要だと示唆していたが、今回はそのようなペナルティは考慮されなかった。

 スチュワードは、6年前は制定されていなかったペナルティポイントシステムが導入されたのは、繰り返し違反を犯すドライバーに重いペナルティを科すためだと説明した。

「記しておくべきなのは、2014年からFIAが導入したペナルティポイントシステムは、過去の違反を考慮に入れるためであり、12カ月間で12ポイント累積するとレース出場禁止が科される」

「このシステムは、今回の件と似ていなくもないインシデントが2012年に起きた際には効力を発していない」

 ヒュルケンベルグは、他車が生んだタービュランス(乱流)の影響があったと示唆したが、自分のミスだったと責任を認めている。

「今のF1マシンが空力的にどれだけ敏感なのか、1周目に再び思い知らされた」と彼は語った。

「前に数台のマシンがいる時、どれだけのグリップとダウンフォースを失うことになるか。僕がブレーキを踏んだ時、すぐにフロントホイールがロックし、フェルナンドに向かって滑って行ってしまった」

「おそらく、僕が判断を誤った。ブレーキが少し遅すぎ、少し強すぎたんだ。彼(アロンソ)やシャルル、そして自分自身にとってもがっかりのレースだ」

 また、同じく1周目にセルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)に追突したバルテリ・ボッタス(メルセデス)にも。5秒のタイム加算ペナルティが科され、ペナルティポイントも1点加算されている。ただ、ボッタスは後続に十分なギャップを築いていたため、決勝のリザルト自体は変わっていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します