現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1第13戦ベルギーGP予選トップ10ドライバーコメント

ここから本文です
スポーツ 2018.8.26

F1第13戦ベルギーGP予選トップ10ドライバーコメント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1第13戦ベルギーGP予選、トップ10に入ったドライバーたちが予選日を振り返った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 予選=ポールポジション

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ


 ウエットでのドライビングは本当に好きなんだけど、今日のコンディションがどれだけ難しかったかは言葉に表せないほどだ。誰もが恐る恐る走っていて、ロックしないようにと祈っていた。

 Q3ではスリックで走った後、すぐにインターミディエイトに履き替えた。つまり何かを試したり、グリップを探ったり、コースのどこが乾いているのかを理解するために走れる周回が少ししかなかったということになる。

 ターン1でコースアウトして、その次の周ではターン12でもミスがあったから、最後の1周ですべてをうまくまとめるしかなかった。最後の数分、コースは乾き始めていたんだ。

 ペースがあることは分かっていたので、あとは正しいバランスを探り出すだけだった。でもコーナーごとにバランスが違っていた。今日みたいなコンディションで走るのは大好きだ。

 ドライのままだったら、ライバルと激しいポール争いになると思っていた。ただ、僕の方がフェラーリより速くて、彼らの前に出ることができるとも考えていたんだ。ここ数戦では彼らが本命視されているが、それでも僕らは彼らに勝ってきた。

 昨日のセバスチャン(・ベッテル)のロングランペースは強力だったから、明日は難しいレースになるかもしれない。僕らに勝てるだけのペースがあるかどうかは分からないけれど、持てるものはすべて出し切るよ。1周目、レ・コームまでは距離が長いしフェラーリはストレートで驚くほど速いことは分かっているので、それが明日、どんな展開をもたらすのか、注目していよう。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=2番手


 今日は悪くなかったよ。ペースがあったし、(Q3では)難しいコンディションにおいて、コース上にとどまって、コントロールできたんだ。ただ、もっとうまくできたはずなのに、いくつかミスをしてしまった。それでも2番手になれたんだから、100パーセントではないにしても満足している。

 今日のように急に雨が降り出すと、すべてが混乱してコース上の渋滞がよりひどくなる。すべての周回が重要だけど、最後の1周で一番いいタイムが出るだろうことも分かっている。

 僕らには優れたマシンがあり、スタッフは皆、懸命に仕事に当たってくれている。ここでもまた一歩前進できたと思う。

 ライバルたちに差をつけるための重要な要素はスピードだと信じている。明日は1周目がどんなスタートになるかに注目していくが、スピードで勝っていれば、追い抜くための手段が見えてくるはずだ。ここまではかなりの接戦になっている。明日のレースで本来のペースが分かるだろう。

(スリックからインターミディエイトに交換する際のことについてFormula1.comに語り)混乱が起きていたと思う。コミュニケーションミスがあり、僕はピットレーンでしばらく足止めを食った。最終的にそれは特に影響しなかったが、あまり落ち着いた状況ではなかったと思う。

 最終ラップにすべてをうまくまとめることができなかった。バッテリーが尽き、それがほぼ1周にわたって影響した。Q2まではうまくいっていたのに、最後がよくなかった。でももっと悪い結果に終わっていた可能性もあるから、それを思えば、2位は悪くない。

■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チーム
エステバン・オコン 予選=3番手


 素晴らしい一日だった。この数週間に起こったことのすべてを考えると、なおさら特別な瞬間だ。皆でこの一日を楽しみたい。

 チームの皆は、モチベーションを保ち、今日僕に速いマシンを用意するために懸命に働いてくれた。彼らをとても誇りに思っている。雨がなくとも僕らには強さがあって、ドライの状態でもQ3に進出できた。雨が降り始めた時、もっと良い結果をつかむチャンスがきたと分かっていたが、簡単ではなかったね。

 Q3開始時にはスリックでアタックしようとしたが、それは不可能で、ピットに戻るまでの間にも危ない瞬間が何度かあった。インターミディエイトに履き替えた時、完璧なラップを走らなければならなかった。なのに最初のアタックで小さなミスをしてしまった。だから最後のラップではなるべく安全に行こうと心がけた。その結果、3番手になれたんだ。

 レースがとても楽しみだ。僕らのマシンは速く、特にストレートで強い。明日は攻めていくよ。

■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 予選=4番手
 今日の結果には大満足だよ。なんて素晴らしい予選だったんだろう! いろいろな感情が頭の中をめぐっている。本当に難しいセッションだったから、なおさらこの結果をうれしく思う。新オーナー、ここまでチームを育て上げた前オーナー、毎日懸命に働いてくれたスタッフたちを含めて、チームの全員にとって素晴らしい結果になった。

 雨のせいで状況は緊迫していたし、僕らはある程度のリスクを負わなければならなかった。コースはセクター1と2がドライだったから、スリックで留まることを選択したが、その途端に雨が強くなった。オー・ルージュではかなり危ない瞬間があり、壁に当たらなかったのは運が良かったけれど、最悪の事態も考えたよ。あそこでのクラッシュが小さいということはないからね。

 インターミディエイトを履くために戻らなければならず、最終コーナーでリヤがロックした。縁石を飛び越え、フロントウイングにダメージを負ってしまったよ。ウイングを換えるためにかかった時間からして、インターミディエイトでは1周しか走れなかった。あと1周走れていたら、ポールポジションをかけて戦えていたかもしれないけれど、4番手でもかなり満足だよ。

 僕らは素晴らしいポジションからスタートできる。レースでは力強い戦いができるだろう。少なくとも大量ポイント獲得を目標にしている。けれどもスパでは、絶対的な予想なんてできないんだ。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 予選=5番手


 楽ではなかったが、これほどいい予選を走れてすごくうれしい。トップチームの何台かを打ち負かし、ウエットコンディションに強いフォース・インディアのすぐ後ろにつけることができた。ほとんどの時間でレッドブルの1台よりも前を走れていたと思う。これはかなりエキサイティングなことだよ。

 Q3ですべてを出し切る準備はできていた。雨が降り始めて、状況はさらに楽しくなった。スリックでアタックを開始した最初のころは、間一髪の場面もあった。そのまま攻めてしまいたい気持ちはあったけれど、路面が濡れすぎていたから全員がインターミディエイトに変更したんだ。

 自分たちのパフォーマンスに満足している。前回の雨の予選は、あまり良いものではなかったからね。

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=6番手


 予選までは正しい方向へと進んできたし、マシンも良かった。でも予選の結果は理想とは程遠い。悲惨というほどのものでもないが、この位置は僕らが今日終えたかった場所ではない。

(Q3の)終盤、1周分の燃料しか残っていなかったから、ピットに戻るしかなかったんだ。そういう状況ではできることは何もない。状況を正しくとらえ、路面が速く走れる状態のときにコース上にいることが肝心だ。

 現状ではポジティブな要素を探し出すことは難しいけれど、通常レースは異なった展開になるから、何が起きるかに注目していよう。

 明日、もう一度トライしてみるよ。ミスから学び、前進し続ける。まず、トラブルに巻き込まれることなく1コーナーを走り抜ける必要がある。昨日は驚くほどオーバーテイクが難しかったけれど、レースは違うストーリーになるよ。

(Q3終盤にアタックすることなくピットに戻ったことについてCrash.netに語り)他にどうしようもなかった。そして再度コースに復帰できるだけの時間もなかった。自分のマシンにどれだけの燃料が積まれているのかは知っていたが、再給油してコースに出る時間がないとは知らなかった。タイヤ交換の際にもっと燃料を入れるべきだったんじゃないかな。そうすればもっと走り続けることができた。なぜそうしなかったのかは、ミーティングの前だからまだ分からないけど。でも僕にはどうしようもなかった。本当にがっかりしている。
■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=7番手


 7番手からのスタートというのは僕らが望んでいたことではないが、今日は難しいコンディションだった。僕らは2周分の燃料を積み、1周はスリックで、もう1周はインターミディエイトで走ることを考えていた。走行の終盤に雨がやみ始め、路面も少し乾き始めていたけれど、そのままコースに留まってもう1ラップ走っていたらガス欠になっていただろう。

 コース上では競争力があると感じていただけに悔しい。絶対にもっと前に近づけたはずなんだ。最後のクイックラップでは、最終セクターでエネルギー切れを起こしてしまったから、本来ならもう少し良いタイムが出たはずだった。

 インターミディエイトで出ていったのは正しい決断だったと思う。雨がやんで、その時に燃料がなくなってしまったのは単なる不運だ。全体的に見えれば良い予選だったし、マシンの感触も良かった。Q3でうまくいかなかっただけなんだ。マシンはかなりのローダウンフォース仕様にしてあるから、普段は前にいないようなマシンを抜くことは可能だろう。トップ集団がいつもとは違う顔ぶれなので、最初の数周は面白いことになるはずだ。

(Crash.netに対し、レッドブルが他チームよりも素早くインターミディエイトタイヤに交換したことについて語り)あの時点では正しい判断だったけど、運悪く雨がやんでしまった。僕らは他のチームよりも組織として優れていて、手際がいい。今日はそれが裏目に出てしまった。
■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=8番手


 ここではタイミングが難しいし、天候が予測不可能だ。雨が振り始めた時、これからひどくなっていくだろうと考えたが、5分後には路面が乾き始めたんだ。僕らはそのころにはタイヤも燃料も使ってしまっていた。チームとしては、まだ路面がそれほど濡れていない段階で、できるだけ早くインターミディエイトに履き替えて出て行くことが正しいと考えた。ところが実際には、予選終盤にコース上にいたマシンが最高のコンディションで走れたわけだ。

 普通なら、雨が降り始めたらどんどんひどくなるものだけど、今日はそうではなかった。不運だったんだ。今になって考えれば戦略がうまくいかなかったということになるが、あの瞬間には正しいことのように思えた。スパでは、ピットレーンで雨が降っていても、コースの反対側では気温が40度なんてこともあり得る。僕らにとってはうまくいかなかったね。

 週末中、ずっとスピードの面で苦労してきたし、まだはっきりしない部分もある。Q1を突破するのにタイヤを2セット使わなければならなかった。ここで速さを発揮できると期待していたわけではないけれど、こんな状況に陥るはずではなかった。明日のレースの前に、今夜いくつか答えを探り出したい。

 ここまではあまり速さを出せていないが、8番手スタートとはいえ、明日については多少楽観的になってもいいと思う。僕らは(8番手よりも)上の力があるから、そこから追い上げていけるだろう。前にいる何台かはレースペースが僕らほど良くないはずなので、グリッドより順位を落とすのではなく、上げていけるはずだよ。
■ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセン 予選=9番手

 大混乱のQ3だったね。こうしたコンディションでは、いい結果を出せる可能性が高まるし、大きな違いを生むことができるんだ。ただし滅茶苦茶になってしまうこともあって、今回の僕がそうだった。

 最後のラップの時、コースは乾いていた。インターミディエイトで出ていった時にはウエットで、まだ水しぶきで濡れていた。乾いていくようには見えなかったから全力で攻めて、2周目にはタイヤがすでに終わっていたんだ。3周目にはコースが乾き切っていて、さらにいいタイムが出せるコンディションだったのに、僕はそのチャンスを逃してしまった。フォース・インディアは大きなチャンスに恵まれて、それを生かせたね。エキサイティングな予選ではあるけれど、自分の思うようにいかなかったのは残念だ。

 最終的に2台のマシンがQ3進出を果たせたのは良かったし、ドライのQ1、Q2でも進歩があった。僕らは一貫してトップ10圏内を走っていたんだ。マシンのレースペースは良いと思うから、明日は面白くなるはずだよ。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 予選=10番手



 今日の午後は少しおかしな感じだった。グリッド後方からスタートしなければならず、予選結果があまり意味を持たないと分かっている場合には、予選にはいつもとは全く違うアプローチをとるものだ。

 最初の計画ではQ1だけを走る予定だった。でも、予選直前になって、ルイス(・ハミルトン)にスリップストリームを使わせることを考慮に入れて、プランを変更した。でも結局Q3で雨が降り始めたので、その計画は中止することになった。

 でもありがたいことに、このことは元の計画には一切影響していない。Q2のベストタイムをソフトタイヤで出したし、もともとこのタイヤでレースをスタートしようとしていたんだ。

 このコースを走ることは純粋に楽しいから、明日に期待しているし、チャンスをつかめるという確信もある。ここはオーバーテイクが可能で、僕らには良いマシンがあるからね。挑戦するのが楽しみだよ。レースをエンジョイするつもりだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します