現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:トロロッソのツイッターで愛称を募集していたハートレー号の名前が決定

ここから本文です
スポーツ 2018.8.26

F1 Topic:トロロッソのツイッターで愛称を募集していたハートレー号の名前が決定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズン、トロロッソ・ホンダでF1を戦っているブレンドン・ハートレー。彼が乗るSTR13のカーナンバー28のF1マシンの名前が、『Akabeko(赤べこ)』に決定した。

 ハートレーは、今年の開幕前に東京・六本木で開催されたキックオフ・イベントでファンから「マシンに名前は付けますか?」という質問を受け、「まだつけていないので、愛称をツイッターで募集しよう」と提案していた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 するとトロロッソのツイッターにたくさんの名前が投稿された。ベルギーGPでハートレーに「名前はどうなっているのか?」と尋ねると、「Akabeko(赤べこ)に決まったよ」と教えてくれた。

 ハートレーはチームのツイッターを通して、次のようにコメントしている。
「たくさんの応募があり、すべての提案に目を通すのにちょっと時間がかかったけど、ようやく決まったよ。僕のマシン名は“Akabeko”にしたよ!!」

 ちなみに、そのイベントでチームメイトのピエール・ガスリーは「僕のマシン名は“ガスモビル”かな」と回答しており、これで2台のマシン名が決定。ベルギーGPの予選は、ガスモビルが11番手で、Akabekoが12番手だった。

 ところで、六本木のイベントでは、ハートレーがツイートで名前を募集するという発言した直後、フランツ・トスト代表が「当選者は鈴鹿に招待します」と約束していたので、トスト代表に「ハートレーがマシンの名前を決定したらしいけど、約束は覚えていますか?」と尋ねると、トスト代表はニッコリ笑って、「もちろん、覚えているよ。ホンダのスタッフにも協力してもらって、さっそく準備をしているところだ」と語ってくれた。

 広報によれば、「トロロッソ・ホンダが当選者にペアでの日本GPまでの交通費と宿泊費を負担し、パドックでの素敵な体験をしてもらうことになっている」という。

 今後も、トロロッソのツイッターを注目してほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します