現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【鈴鹿10時間耐久】決勝 5時間経過…2番手スタートの#888メルセデスがトップ

ここから本文です
スポーツ 2018.8.26

【鈴鹿10時間耐久】決勝 5時間経過…2番手スタートの#888メルセデスがトップ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第47回サマーエンデュランス鈴鹿10時間耐久レース(鈴鹿10H)の決勝レースが26日10時にスタート。半分の5時間を経過した時点で#888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racingがトップを走行している。

これまで1000kmの距離で開催されてきた鈴鹿サーキットの夏の耐久レースが、今年「鈴鹿10H」として新たなフォーマットで開催された。スタートは変則ルマン方式で、スタート前のダミーグリッドはピットウォール側に45度の角度で1列に並べられ、そこからフォーメーションラップがスタートし、1周の後にローリングスタートで決勝レースが始まる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

レース序盤は予選順位とほぼ同じで#28 HubAuto Corsa(Ferrari 488 GT3)、は#888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racing(Mercedes-AMG GT3)、#27 HubAuto Corsa(Ferrari 488 GT3)の順でレースが進んだ。しかし#28 HubAuto Corsaはフォーメーションラップに遅れて参加したためドライブスルーのペナルティが課されポジションダウン。その後は#888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racing、#27 HubAuto Corsa、#75 Sun Energy 1 Racing AUS(Mercedes-AMG GT3)、#23 KCMG(NISSAN GT-R NISMO GT3)、#07 Bentley Team M-Sport(Bentley Continental GT3)らが上位争いを行った。

#23 KCMGは4時間を迎える前にコース上でストップし脱落。代わって#43 Mercedes-AMG Team Strakka Racing(Mercedes-AMG GT3)、#6 Audi Sport Team Absolute Racing(Audi R8 LMS GT3)、#66 AUDI SPORT TEAM WRT(Audi R8 LMS GT3)らが上位争いに加わり、5時間経過前後のピットストップが終わった時点で#888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racingがトップ。#43 Mercedes-AMG Team Strakka Racingが9秒差で追う展開となっている。

日本勢は21番手スタートの#00 Mercedes-AMG Team GOOD SMILE(Mercedes-AMG GT3)が徐々に順位を上げ8位に、30番手スタートの#018 KCMG(Mercedes-AMG GT3)は1周目に22位まで順位を上げ、5時間経過時点では10位を走行している。

■鈴鹿10H決勝レース5時間経過時点順位(トップ10)

1. #888 Mercedes-AMG Team GruppeM Racing

2. #43 Mercedes-AMG Team Strakka Racing

3. #66 AUDI SPORT TEAM WRT

4. #6 Audi Sport Team Absolute Racing

5. #07 Bentley Team M-Sport

6. #27 HubAuto Corsa

7. #75 Sun Energy 1 Racing AUS

8. #00 Mercedes-AMG Team GOOD SMILE

9. #08 Bentley Team M-Sport

10. #018 KCMG

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します