現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新生フォースインディア、ストラテジーグループの席失う。後任候補はルノーも詳細は未定/F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.26

新生フォースインディア、ストラテジーグループの席失う。後任候補はルノーも詳細は未定/F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末よりレーシングポイント・フォースインディアとしてベルギーGPにエントリーしたフォースインディアは、F1に対して大きな影響を与えることができる『ストラテジーグループ』の一員から外れることになるようだ。

 ストラテジーグループは、FIAとFOMの代表者、フェラーリ、レッドブル、マクラーレン、メルセデス、ウイリアムズに加えて、前年のコンストラクターズランキングにおいて最上位だったチームによって構成されている。フォースインディアは、2015年からこのストラテジーグループの一員だった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 しかしベルギーGPに向けて、チームは新たに『レーシングポイント・フォースインディア』としてエントリーし、FIAがそれを承認。レーシングポイント・フォースインディアは、前身のフォースインディアが持っていたコンストラクターズランキングのポイントを放棄したので、ストラテジーグループの席を失うことになるようだ。

 チーム代表のオットマー・サフナウアーは、この件について公式には確認していないものの、今やチームはストラテジーグループの一員ではないと理解しているという。

「我々は新しいエントラントなので、その一員ではないはすだ」とサフナウアーはmotorsport.comに話した。

「しかし同時に、今年の初めから適用されているエンジンの割り当てを今も使用しなければならない」

「ギヤボックスの割り当ても同様だ。それゆえ、我々は本当に新しいエントラントだと言うことができるのか? そうではないだろう」

 フォースインディアはストラテジーグループにとどまることができなくなるが、今シーズンの間に、誰かが彼らの代わりにストラテジーグループへ参加するのかどうかはまだわかっていない。

 昨年、コンストラクターズランキングにおいてフォースインディアに次ぐ順位につけたのはルノーだった。しかし、今年中にルノーがフォースインディアに代わってグループに参加することを認めるかどうか、あるいは来年6チーム目が追加されるのかどうかについての決断はまだ下されていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します