現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM第13戦ミサノ:初のナイトレースはディ・レスタが勝利。ランクトップのパフェットと1pt差に

ここから本文です
スポーツ 2018.8.26

DTM第13戦ミサノ:初のナイトレースはディ・レスタが勝利。ランクトップのパフェットと1pt差に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタリア・ミサノで開催されているDTMドイツツーリングカー選手権。DTM史上初のナイトレースで行われた第13戦はポール・ディ・レスタ(メルセデスAMG C63 DTM)がポール・トゥ・ウインで2連勝を飾った。

 残り4ラウンド8戦となったDTM。ミサノでのラウンド7は、ゲストドライバーとして元CARTチャンピオンでレース中のクラッシュにより両足を失うもパラリンピック金メダリストに輝いたアレックス・ザナルディが参戦。ハンドドドライブシステムが組み込まれたBMW M4 DTMでDTM現役ドライバーたちと母国レースを戦う。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ


 ウエットコンディションで行われた予選は、ランキング2位のポール・ディ・レスタがポールポジションを獲得。エドアルド・モルタラ(メルセデスAMG C63 DTM)、レネ・ラスト(アウディRS5 DTM)と続き、ランキングトップのゲイリー・パフェット(メルセデスAMG C63 DTM)は4番手。ザナルディは最後尾からレースに挑むことに。

史上初のナイトレースは波乱の幕開け
 DTM初となるナイトレースで行われるミサノ戦。雨も止み22時30分に55分+1周のスタートを迎えた。ポールのディ・レスタは少し遅れ、モルタラ、さらに素晴らしいスタートを見せたパフェットと並んで1コーナーへと飛び込む。

 2コーナーでイン側となったディ・レスタがトップをキープ2番手にぱげっと、3番手にモルタラと続く。ペースの上がらないラストは、5番手スタートのティモ・グロック(BMW M4 DTM)と競り合いポジションダウン。

 モルタラとグロックは4周目終わりでピットイン。徐々に路面も乾き始めスリックタイヤへと各車変更していく。

 トップ争いをするディ・レスタとパフェット、さらにラストも6周目終わりで同時にタイヤ交換へ。ディ・レスタはタイヤ交換組のトップでコースに復帰。パフェットは、モルタラとポジションを争うことに。

 しかし、8周目にパフェットをマシントラブルが襲いスローダウン。さらにモルタラとも接触しマシンはストップ。チャンピオン争いには手痛いノーポイントでレースを終えた。

 このアクシデントでセーフティカーが導入。タイヤ交換を終えていないダニエル・ジュンカデラ(メルセデスAMG C63 DTM)を先頭に13周目にリスタートを迎える。

 ジュンカデラはトップをキープするもオーバランで、アウグスト・ファーフス(BMW M4 DTM)がトップに浮上。6番手にいたフィリップ・エンゲ(BMW M4 DTM)がディ・レスタを交わし、2番手へとジャンプアップする。

 ラストは他車に接触されジェイミー・グリーン(アウディRS5 DTM)を巻き込みスピン。ルーカス・アウアー(メルセデスAMG C63 DTM)もシケインでスピンし、ブルーノ・シュペングラー(BMW M4 DTM)もマシンをストップさせるなど、大荒れの一周となり再びセーフティカーが入る。


 17周目にレースは再開。このリスタートでディ・レスタはエンゲを交わし実質トップとなる2番手を取り戻す。しかし、翌周にバランスを崩してディ・レスタはオーバーラン。エンゲがポジションを奪い返す。

 19周目終わりでファーフスがピットイン。エンゲがトップになり、ディ・レスタ、モルタラの順でレースは終盤へ。

 残り10分、再びエンゲを射程範囲内に捕えたディ・レスタは、25周目にオーバーテイク。さらにモルタラもエンゲのインを差し2番手を奪う。これで集中力が途切れたのか、ジュンカデラに交わされ、ロイック・デュバル(アウディRS5 DTM)に攻められる。
 27周目、エンゲとデュバルのバトルを大外からロビン・フラインス(アウディRS5 DTM)がオーバーテイク。フラインスはその勢いでトップ集団を追いかける。


 ジュンカデラは29周目にマシントラブルでスローダウン。3番手に浮上したフラインスは、ファイナルラップとなった32周目にモルタラと激しい攻防を見せ、2番手を奪取する。

 ディ・レスタはポール・トゥ・ウインで今季3勝目のトップチェッカー。フラインスは13戦目で初の表彰台を獲得。3位にモルタラ、4位にデュバル。ザナルディも完走を果たした。

■チャンピオン争いは一騎打ちの模様に
 25ポイント+ポールポジションの3ポイントを加えたディ・レスタは、ランキングトップのパフェットとの差を1ポイント差と大きく縮めた。


「幸せだね。レースは難しかったけど、完璧な一日になった。この勝利はチャンピオンシップの大きな一歩だ。しかし、簡単なことではなかった。いい睡眠をとって、明日再びトップにいられることを願いたいね」とディ・レスタ。

 DTM初表彰台を飾ったフラインスは、「ブランズ・ハッチではも速かったけどポイントを獲れなかった。今日のレースはすごく楽しいもので、特にファイナルラップはセンセーショナルだったね。エド(モルタラ)はミスをしたけど、僕にスペースを残してくれた。素晴らしい決闘だったよ」とコメント。

 13位完走を果たしたザナルディは、「とても満足している。僕にとって、笑顔が出る理由はたくさんあるよ。多くのことを学ぶことができたし、明日のレースで活用したいね」とレース後に語っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • toy*****|2018/08/27 11:13

    違反報告

    SGTでもナイトレース、レース数10戦以上、海外での開催(DTMもドイツ以外の開催を増やしてる)など、学ばないといけないことは沢山ある。

    タイヤ競争や2クラス混走など、良いところはそのままで、とにかく改善すべきところを早急に手を着けてほしい。

    なかでも車載映像と空撮映像は急務だと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します