現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クルマ好き女子ふたりが86でラリーに挑戦! TRDラリーカップへの道その1

ここから本文です
スポーツ 2018.8.26

クルマ好き女子ふたりが86でラリーに挑戦! TRDラリーカップへの道その1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラリー大好き女子とドリフト女子が86でラリーに挑む!

  来年より本格始動するTRDラリーカップ。CARトップの編集部女子がドリフトガールと共にタッグを組み、その前哨戦に参戦! 果たしてその行方は?

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 ホンダが参戦しているF1やトヨタが挑戦しているラリーなど、自動車を使い、速さや技術を争うスポーツがある。モータースポーツだ。

 そのモータースポーツの1カテゴリーであるラリーは、最近参戦者が増加。初心者向けラリーイベントである「TGRラリーチャレンジ」は、参加希望者が溢れてしまうほどの盛況ぶりなのである。

 その「TGRラリーチャレンジ」やラリーの県シリーズからステップアップしたい人向け、いわゆる中級者向けの「TRDラリーカップ」が2019年より本格始動することになった。2018年にそのプレシーズン戦が行われるのだが、3度の飯よりコ・ドライバー好きなCARトップ編集部・中村が挑戦することになった。

 8月中旬、群馬県にある「群馬サイクルスポーツセンター」にてそのドライバーとなるドリフトガールと顔合わせ。ふたりは名コンビとなれるのか。

 編集部・中村(以下、中):はじめまして、今回コ・ドライバー担当の中村です。

 ドライバー・水原亜利沙(以下、水):よろしくお願いします。ドライバーの水原亜利沙です。ラリーまだまだ経験不足なのですが、ドライバーとして腕を磨いていきたいと思っています!

 中:私はラリー3年目なのですが、最近ようやく力を入れてやり始めたくらいなので、同じくまだまだ初心者です。水原さんは最近までドリフトをやられていたとか?

 水:そうなんです。個人的にドリフトをはじめて、結局最近では大会なんかにも出ています。社会人をやりながらなのですが、かれこれ数年くらいになります。

 中:す、すごい……。じゃあMT車の操縦なんかはお手の物ですね! 水原さんがモータースポーツに興味をもつキッカケはなんですか?

 水:ドリフトは「ワイルドスピード」っていう映画なんですが、じつはそれよりも前にWRCのDVDを結構見ていたんです(笑)。まわりにまわってラリーができるチャンスがもらえて嬉しい!

 中:私も大学時代の自動車部の部室に転がっているWRCのDVDめっちゃ見てました! ラリーってほかのモータースポーツと違って、自然とか環境とか、より不確定要素多い中で走るのがカッコいいんですよ。マシンのベースが市販車なのも存在が近く感じられるし、総合的な走破力を試されているスパルタンな感じが好きです。あとレースよりも長く競技車に乗ってられるからお得だなと(笑)

 水:あ、熱い……。今回一緒に戦うのはマシンはクスコ86です。キャロッセさんから協力をいただきました。

 中:もともと86/BRZレースの車両だったんですよね。今回参戦する「TRDラリーカップ」は、ラリータイヤに履き替えさせるだけで、参戦できるからお手軽。

 水:そう、意外とラリーって自分の愛車でポンっとでれたりするんですよね。

 中:もちろん安全装備はちゃんとしていないとダメですけどね! 基本的に「TRDラリーカップ」は2020年までなら、ロールケージが取り付けてあって、ラリータイヤを履いていれば参戦できます。

 水:じゃあ、早速乗りましょう……。

 ふたりはいよいよ初の試乗へ。いざ86のシートに収まってコースイン!

 水:わ! なんかもう乗り心地良い。86からのウェルカム感がある。

 中:もうですか! 順応早いですね(笑)コ・ドラとしてはドライバーが乗りやすいクルマに乗ってくれることは非常にありがたいです。それだけ運転に集中してもらえますし。

 水:そういう意味でも、マシンを管理するチームって大事ですよね。

 中:そうですね……ラリーはとくにマシンが壊れる可能性が高いので、マシンを完走させられるだけのチーム力も非常に試されます。今回は国内外で活躍されているクスコのサポートがついているので色々学びとりたいです!

 水:じゃあ、ペース上げますよ! ……うーん、なかなか見えない道を攻略するのは難しい。そもそもドリフトとラリーじゃ走らせ方が違うんだろうな~。でも86の加速感たまらないー!

 中:いや~、私も86の走りが好きです。基本的にラリーもレースでいう走行するラインが重要ですよね。ペースノートはドライバーが主に作るものですが、単なる右左を教えるガイドなだけでなくて、速度を落としたり、ラインの取り方をノートに入れたりして走行するドライバーも少なくないですよ!

 水:今後そういったノートを作れていくといいなぁ。

 中:もちろん、いろんなタイプのドライバーがいるので、亜利沙さん流のノートを作ればそれが正解だと思いますけどね! じゃあ、もう1周行きましょうか。

 ふたりが初参戦するのは、10月7日(日)に愛知県で開催される「2018 TRDラリーカップ プレシーズンマッチ シロキヤラリーin豊根」だ。のこり約1カ月、ふたりのラリー奮闘記は始まったばかり! 今後もWEB CARTOPではこのチャレンジを追いかけていく予定なのでご期待ください!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP CARトップ編集部 中村理紗)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します