現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォースインディア買収を巡って法廷争いに? 入札に疑問を呈したロシア薬品会社が裁判の姿勢見せる

ここから本文です
スポーツ 2018.8.25

フォースインディア買収を巡って法廷争いに? 入札に疑問を呈したロシア薬品会社が裁判の姿勢見せる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週初め、ロシア人ドライバー、ニキータ・マツェピンの父親であるドミトリー・マツェピンと近い関係にあるロシアの化学薬品会社『Uralkali』はフォースインディア買収に関して、公平に入札できるようにすべきだったと主張し、ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムによるチーム救済方法に疑問を呈していた。

 買収されたフォースインディアは、新たに『レーシングポイント・フォースインディア』として今週末のベルギーGPにエントリーし、FIAがこれを承認した。またレーシングポイント・フォースインディアについてのさらなる情報も明かされている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 ベルギーGPの金曜日には、Uralkaliは管財人であるFRPアドバイザリーに対して文書を送付。9月10日までに、フォースインディアへの入札に関して満足のいく回答を得られなければ、裁判を起こすことを明確にした。

 Uralkaliの独立取締役であるポール・オストリングは、声明にて次のようにコメントした。

「Uralkaliの弁護士であるDebevoise & Plimpton LLPは、FRPアドバイザリー LLPに対して文書を送付し、イギリスのサマータイム時間の9月10日午前10時までに申し分のない説明が用意されなかった場合、彼らに対して訴訟が行われる」

 先週、FRPアドバイザリーのジェフ・ロウリーとジェイソン・ベイカーは、Uralkaliが『チームに対する全ての入札者は平等に扱われるべきだ』と主張したことに対して、声明文を発表していた。

 FRP Advisoryの声明文の内容は以下のとおりだ。

「全ての入札者には、フォースインディアにとっての最善の契約を提案するための平等な機会が与えられた」

「その間、我々は法的な義務や管財人としての方針に密に従い、経験豊かな法律顧問のアドバイスを得ていた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します