現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今までのサーキットではない夏らしさ。泡、デコトラ、浴衣レースクイーン……鈴鹿10H刺激的光景&予選日トピックス

ここから本文です
スポーツ 2018.8.25

今までのサーキットではない夏らしさ。泡、デコトラ、浴衣レースクイーン……鈴鹿10H刺激的光景&予選日トピックス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでの鈴鹿1000kmに代わって新たな試みとなった鈴鹿10時間耐久レース、通称鈴鹿10H。コース上の戦いだけでなく、トラックの外でも新しい刺激的なイベントが盛りだくさん。今までの鈴鹿サーキットのイメージを覆すような一面も見えた予選日のイベントの一部と、コース内外のトピックをお届けします。
 


 まずはこちら、今回の鈴鹿10Hの目玉位弁のひとつ、泡イベント。メインはもちろん決勝日の日曜ですが、土曜日の時点でも泡スライダーなどは大人気。子どもたち、間違いなくテンション上がりますよね~。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露





 そしてこちらが泡(?)オフィシャルグッズ。一番人気はタオル類で、土曜日はチケットホルダーも売れたのだとか。一番のオススメは、Tシャツ。なんと一枚一枚、ハンドメイドで染めているのだという。



 ちなみに、鈴鹿10Hのロゴが入った公式Tシャツは土曜日の午前中で売り切れという人気ぶりでした。

 パドックに戻りまして、今日の予選日もかなりの酷暑でした。サマーエンデュランスだけに、キャラクターたちも大変そうです。



 こちらはTEAM UPGARAGEのアップちゃん。扇風機を抱えて離さない様子を激写致しました。



 一方、酷暑の中でも涼しげなレースクイーンたち。







 浴衣姿、癒やされます。

 ポールポジションはニック・フォスター/デイビッド・ベレル/吉田広樹組ハブオート・コルサの28号車フェラーリ488 GT3。『BBSエキサイティング・アタック』と名付けられた予選だけに、BBSホイールが授与されます。



 予選の車検中のピット。ベントレーのガレージ内にはカーペットが敷かれていて高級感ありあり。丁寧に掃除機を掛けるメカニックの姿になぜか癒やされます。





 アウディTeam WRTもカーペットあり。こういった見せ方はヨーロッパのチームは上手ですよね。



 一方、アメリカからの参戦、ブラックスワン・レーシング。国旗がデカすぎます。前、見づらくないかな。

 そして土曜日、さまざまな意味で予選並に注目度の高い、デコトラピットウォーク。





 写真を見ておわかりのとおり、もはや、今までの鈴鹿サーキットの空間ではありません。





 このハンパないトランスフォーマー感。なぜかテンション上がりますし、それ系の方たちもたくさん訪れておりまして新たなユーザーに来場して頂いた感があります。



 作業中の外国人メカニックたちも手が止まり、気になって仕方ありません。これぞ、ジャパニーズ・トラディショナル・アート。





 最後はまた、レースクイーンの方たちに癒やされて、明日の決勝10時間、みなさんで楽しみましょう!






  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します