現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初開催の鈴鹿10時間耐久レース、5000本のタイヤをピレリが供給。「アジア圏での存在感を高めたい」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.25

初開催の鈴鹿10時間耐久レース、5000本のタイヤをピレリが供給。「アジア圏での存在感を高めたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月23日に鈴鹿サーキットで開幕したンターコンチネンタルGTチャレンジ第3戦・第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース。このイベントにワンメイクタイヤサプライヤーとして参画しているピレリは「初開催の鈴鹿10時間を通じて、アジア圏とGTレース界での存在感を高めたい」としている。

 FIA-GT3カーの世界一決定戦という位置づけで、2018年に初開催を迎えた鈴鹿10時間。記念すべき第1大会には世界各国から計35台のGT3マシンが集まった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 このGT3マシンの足元を支えるのはF1でワンメイクタイヤサプライヤーを務めているピレリ。この週末は5000本近いP Zero DHD2タイヤを鈴鹿に持ち込んでいるといる。

 2018年はスーパー耐久でもワンメイクタイヤサプライヤーを務めるピレリは、日本市場を「アジア圏で2番目に重要なマーケット」と位置づけており、2018年のモータースポーツ活動拡充プランのなかでも日本を最重要視している。

 この鈴鹿10時間には全車に同一規格のP Zero DHD2タイヤが供給され、大会運営側はBoP(性能調整)をより公平に課すことが可能となる。またこのタイヤはスパ24時間やブランパンGTシリーズ・アジアでも使用されているもので、これらのレースに参戦しているチームは、手持ちのタイヤデータを活用できることになる。

 ピレリのサーキット・テクニカルマネージャーを務めるマッテオ・ブラガは「世界的にも象徴的なサーキットで行われる鈴鹿10時間第1回大会で、我々はアジア圏とGTレースでの存在感をさらに高める事ができる」と述べている。

「このレースはドライバーとマシン、そしてもちろんタイヤにも大きなチャレンジとなる。この1戦に我々はすでに高い信頼を得ているP Zero DHD2タイヤを持ち込むことにした。このタイヤは先日のスパ24時間でもパフォーマンスを示しているものだ」

「このタイヤは耐久性とパフォーマンスを兼ね備えていて、記録と記憶に残る鈴鹿10時間の週末をとおして、重要な働きを担うだろう」





  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mog*****|2018/08/25 20:03

    違反報告

    ピレリは「昔=イタリア、今=中国」ブランドだもんなぁ。
  • jin*****|2018/08/25 15:16

    違反報告

    ピレリのレーシングタイヤはクセがあるようで、各チームはかなり苦労している模様。どうもグリップの限界が掴みにくいらしい。
    GT300勢は、一発の速さをみせている「初音ミク」が健闘しているが、長丁場の本番では、最終的にタイヤマネジメントが勝敗を分けそう。
    それでも地元なので、GT300勢には意地をみせてほしい。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します