現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2スパ・フランコルシャン予選|1回目のタイム抹消もデ・フリースが意地のアタックでPP獲得。福住8位と好位置

ここから本文です
スポーツ 2018.8.25

F2スパ・フランコルシャン予選|1回目のタイム抹消もデ・フリースが意地のアタックでPP獲得。福住8位と好位置

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA F2選手権の第9ラウンド、スパ・フランコルシャン戦の予選が行われ、プレマのニック・デ・フリースがポールポジションを獲得した。福住仁嶺(アーデン)は8番手だった。

 気温17度、路面温度26度というコンディションで始まったF2スパラウンドの予選。まず好タイムを記録したのは、プレマのニック・デ・フリースだった。彼のタイムは1分56秒450。しかしこのタイムはコース外を走行したとして抹消。結局最初のアタックを終えた段階で最下位となってしまった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 代わって最初のアタックでトップに立ったのはジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)で、1分56秒507。2番手にはランド・ノリス(カーリン)がつけ、ランキング上位の2人がトップ2を占めた。なお福住仁嶺(アーデン)は13番手、牧野任祐(ロシアン・タイム)は14番手で1回目のアタックを終えた。

 2回目のアタックに最初に飛び出していったのは、1回目のアタックが抹消されたデ・フリース。しかし意地のアタックを披露し、1分56秒054で首位に立つ。

 各車が2回目のアタックを行う中で、若干の降雨。しかし、そんな中でも多くのドライバーがタイムアップ。福住も一時5番手まで浮上する。

 アントニオ・フオッコ(チャロウズ)は7番手タイムを計測した後、ケメルストレートでマシンを止めてしまった。また、5番手タイムを残したノリスも、ピットに帰還する途中でマシンを止めることになってしまった。

 結局デ・フリースのタイムを上回るマシンはなく、ポールポジションを確定。デ・フリースは先に行われたフリー走行でもトップタイムを記録しており、速さを見せ続けている。2位にはラッセル、3位にセルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)がつけた。

 福住は8位と好位置。牧野は11位でスパラウンドの予選を終えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 田中健一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します