現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルのベルギーGPマシンアップデート|フェラーリ型”開口部”付きリヤビューミラーを採用

ここから本文です
スポーツ 2018.8.23

レッドブルのベルギーGPマシンアップデート|フェラーリ型”開口部”付きリヤビューミラーを採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルは、今週末に行われるベルギーGPに、フェラーリのアイデアに酷似したダクト構造を持つリヤビューミラー投入してきた。

 スパ・フランコルシャンに持ち込まれたレッドブルのRB14には、新しいデザインのリヤビューミラーが装着されていた。このリヤビューミラーは、ミラー本体の周囲に枠を設けたもの。ただ、フェラーリのモノとは異なり、ミラーステーで周囲を覆うような構造になっている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 通常、リヤビューミラーはマシンのパフォーマンス向上に寄与することはなく、マシン後部に存在する空力パーツの干渉したり、ドラッグを生み出すなど、デメリットを生むパーツとして捉えられることが多い。そのため各チームは、その影響を少しでも減らそうと、開発に励んできた。

 しかしフェラーリが先陣を切ったこの解決策は、ミラーの枠内を通る気流を制御し、マシン後方に向かう気流を整え、パフォーマンス向上のために使われていると見られる。

 このアイデアは、レッドブルの姉妹チームであるトロロッソも、イギリスGPから使ってきたものである。

 なおレッドブルは、非常に薄い、低ドラッグ仕様のリヤウイングも搭載。パワーが求められるスパ・フランコルシャンで、最高速を少しでも伸ばそうとしていることがうかがえる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Giorgio Piola, Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します