現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 高橋国光や長谷見昌弘などレジェンドドライバーが競演。『AIMレジェンドカップ』が11月、富士で開催

ここから本文です
スポーツ 2018.8.23

高橋国光や長谷見昌弘などレジェンドドライバーが競演。『AIMレジェンドカップ』が11月、富士で開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高橋国光氏や長谷見昌弘氏など、レジェンドドライバーたちによって組織される『レジェンド・レーシングドライバーズ・クラブ』は8月23日、クラブに所属するドライバーたちによるレース『AIM Legend Cup 2018』を11月17~18日に富士スピードウェイで開催すると発表した。

 日本のモータースポーツシーンを彩ってきたレジェンドドライバーたちで組織されるレジェンド・レーシングドライバーズ・クラブ。2013年に結成され、2017年までは『ゴールドスタードライバーズクラブ』の名称で活動を続けていた団体だ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 結成から5年を迎え、これまでサーキットイベントでのデモランやトークショー、年度末に行われるイヤーエンドパーティーなど、さまざまな活動を続けてきたが、往年の名ドライバーたちが数多く所属する組織ということで「ベテランドライバーによるレースを開催してほしい」との声が多く届いていたという。

 実はこのドライバーズクラブ結成当初からクラブ会員によるレース開催は“捨て去れない宿題”ではあったものの、実現に向けては数多くの壁があったとのこと。

 今回は「往年に活躍したドライバーが久⽅ぶりのレースを演ずることで、⾃動⾞レースへの変わらぬ情熱を⽰し、もってモータースポーツ⽂化向上の⼀助を果たしたい。⾼齢ドライバーのスピードレース競技種⽬を創出し、⾼齢運転者の事故防⽌技術・施策、医科学研究の発想につなげたい」という方針に賛同する企業などの協力を得て、レース開催が実現した。

 レジェンド・レーシングドライバーズ・クラブの大久保力会長は「会員ひとりひとりに『まだまだ走れるんだぜ、俺たち』という思いが強くございます」と語る。

「OBドライバーとして若き日の情熱が消えないうちにレースをやりたいね、という話はありましたが、お金の問題や会員の意見が統一できず、なかなか実現できませんでした。今回ようやく第1回目のレースを開催できる運びとなりました」

「我々にもまだサーキットを走りたい、速く走りたいという気持ちがあるということをなにか形にして、いまだにレースに対する情熱を失っていないことをファンのみなさんの前で示して、私たちのエネルギーを見ていただきたい」

■決勝はハンデなしのガチンコバトル。近藤真彦も参加予定
 このAIMレジェンドカップ2018は、11月17~18日に富士スピードウェイで開催される富士チャンピオンレースシリーズ第6戦のひとつとして開催される。

 レースはウエストレーシングカーズが製作する国産マシン『VITA-01』のワンメイク。タイヤは全車ヨコハマタイヤを使用する。このVITAは富士チャンピオンレース(FCR)や女性レーシングドライバーによるシリーズ『競争女子選手権 KYOJO-Cup』で使われているものを借りる形となるという。

 レースフォーマットは17日(土)に20分の練習走行/予選が行われ、翌18日(日)に8周の決勝が行われる。スタートはローリング形式が採用された。

 なお、各ドライバーが搭乗する車両については公平にくじ引きで決定される予定。また当初は決勝では年齢に応じたハンディキャップが課される方針だったが、発表前に行われたミーティングの結果、ハンデは廃止することが決定。ガチンコバトルが繰り広げられることになった。

 参加資格があるのはレジェンド・レーシングドライバーズ・クラブ所属のドライバーで、現時点で参加を予定しているのは高橋氏や長谷見氏のほか、黒澤元治氏、関谷正徳氏、野田英樹氏氏、柳田春人氏といったドライバー全15名。調整中ながらKONDO RACINGを率いる近藤真彦監督も名を連ねている。

 参戦を予定している長谷見氏は「(スーパーGTの)GT500クラスで監督をやっていて、若いドライバーに対し、いかにコンマ1秒を削るかと発破をかけていますが、いざ自分で出るとなると……」と笑顔混じりにコメント。

「ベテランの人はいろいろなクルマに乗っていますから、2~3ラップも走れば(VITAを)乗りこなしてしまうと思います。僕はすぐ乗りこなすタイプですしね」

「タイヤはいくつでもいいんですけど、エンジンとタイヤがついていればすぐに乗りこなせると思うので心配はしていません。ほとんどの方がそうだと思うんですけどね(笑)。がんばります」

 なおレースウイーク中はパドックエリアでトークショー、サイン会なども行われる予定のほか、レースの模様はJ SPORSで放送されているスーパーGTトークバラエティ『GTV』内で、後日放送が予定されているという。

 レースファンには待望ともいえるレジェンドドライバーたちの再競演。ファンにとっては楽しみな1戦となりそうだ。

■AIM Legend Cup 2018 実施概要
開催日時:2018年11月17(土)~18日(日)
開催場所:富士スピードウェイ
レース大会名称:富士チャンピオンレースシリーズ第6戦
主催者:富士スピードウェイ株式会社

レース名称:AIM Legend Cup 2018
レース運営主管:Legend Racing Drivers Club
参加資格:Legend Racing Drivers Club会員のみ対象
使用マシン:VITA(ウエストレーシングカーズ製)  
使用タイヤ:横浜ゴムのワンメイク

練習/予選:11月17日(土)に、20分の走行時間を設定
決勝:8周(予定)

車両台数:15台(予定)
参加ドライバー(予定):岡本安弘、北原豪彦、黒澤元治、桑島正美、清水正智、関谷正徳、武智勇三、長坂尚樹、野田英樹、見崎清志、柳田春人、多賀弘明、高橋国光、長谷見昌弘、近藤真彦(調整中)、大久保力、鮒子田寛

協賛
特別協賛:エイム株式会社
協賛:株式会社オートバックスセブン、横浜ゴム株式会社
協力:富士スピードウェイ株式会社、FCR-VITAオーナー、KYOJO-CUPオーナー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します