現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2:チャンピオン争いはルーキー同士の戦いに。牧野と福住は苦戦/第8戦後ポイントランキング

ここから本文です
スポーツ 2018.8.23

FIA F2:チャンピオン争いはルーキー同士の戦いに。牧野と福住は苦戦/第8戦後ポイントランキング

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1と合わせる形で夏休みに突入したFIA F2。8月24~26日に行われる第9戦ベルギーでシリーズ終盤戦に突入する。ここでポイントランキングを整理しておこう。

 2018年シーズンのF2は全12戦24レースで構成されており、第9戦ベルギーを含め、残りは4戦8レースだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 週末2レース制を採用しているF2は、土曜日に行われるレース1の勝者には25ポイント、レース2の勝者には15ポイントが与えられる。また、予選ポールポジションには4ポイント、レースを10位以内で終えたドライバーのなかで最速ラップを記録したドライバーには2ポイントが与えられる。

 8戦16レースを終えた時点でのポイントリーダーは、メルセデス育成ドライバーのジョージ・ラッセル(ART)。第5戦~第7戦まで3戦連続ポールポジションを獲得し、4回のファステストラップをマーク、今季最多の4勝を上げ171ポイントを獲得している。

 シーズン前、チャンピオン候補と目されていたマクラーレン育成ドライバーのランド・ノリス(カーリン)は12ポイント差の2番手。開幕戦以来勝利から遠ざかっているものの、コンスタントに入賞を重ね、ノーポイントレースはわずか2回、159ポイントを獲得した。

 そんなルーキーふたりに食い下がるのはダムスのアレキサンダー・アルボンだ。2017年シーズンはARTでランキング10位と振るわなかったが、今季2勝を上げたほか、第2戦から第4戦まで連続ポールポジションを獲得しランキング3番手、F2参戦2年目で飛躍を果たしている。

 2017年のシャルル・ルクレールの快進撃を彷彿とさせる走りをみせるラッセルが逃げ切るのか、ノリスが後半戦で巻き返すのか、参戦2年目のアルボンがルーキーふたりに対して格の違いを見せつけるのか、残り4戦8レースに注目が集まる。

 一方ロシアンタイムの牧野任祐は、第6戦オーストリアレース2での6位入賞を含む5回入賞で16番手。アーデンの福住仁嶺第8戦ハンガリーレース2での6位入賞が最高位。6回の入賞を果たすもランキングは18番手と、日本人ふたりは苦戦を強いられた。

 チームランキングでは、今季から復活を果たしノリスとセルジオ・セッテ・カマラを擁するカーリンがトップにつけている。一方、2017年のチャンピオンチームで、牧野任祐が所属するロシアンタイムは6番手と苦戦。福住仁嶺の所属するアーデンは9番手と低迷している。

■2018FIA F2ドライバーズランキング(第8戦終了時点)
Pos.DriverTeamPoint1G.ラッセルART1712L.ノリスカーリン1593A.アルボンダムス1414A.マルケロフロシアンタイム1145N.デ・フリースプレマ・レーシング1146A.フォコチャロウズ1127S.セッテ・カマラカーリン1068L.ギオットカンポス799L.デルトラズチャロウズ6210J.エイトケンART6111R.メリMPモータースポーツ4112M.ギュンターアーデン3913N.ラティフィダムス3414S.ゲラエルプレマ・レーシング2915A.マイニトライデント2316牧野任祐ロシアンタイム2017R.ボシュングMPモータースポーツ1318福住仁嶺アーデン1119S.フェルッチトライデント720R.ニッサニーカンポス021A.ロランディトライデント0

■2018FIA F2チームランキング(第8戦終了時点)

Pos.TeamPoint1カーリン2652ART2323ダムス1754チャロウズ1745プレマ・レーシング1436ロシアンタイム1347カンポス798MPモータースポーツ549アーデン5010トライデント30


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します