現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダのリソースには誰も敵わない」来季からの共闘に向け、ホンダに大きな信頼を寄せるレッドブル

ここから本文です
スポーツ 2018.8.23

「ホンダのリソースには誰も敵わない」来季からの共闘に向け、ホンダに大きな信頼を寄せるレッドブル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季、トロロッソとのパートナーシップをスタートさせたホンダ。そして来季からは、レッドブルにもパワーユニットを供給すべく、準備を進めている。

 ホンダは2015年にF1復帰を果たしたが、マクラーレンと共に過ごした3年は苦戦続きで、満足いく成績を残すことができなかった。しかしレッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダが栃木県さくら市に構える”さくら研究所”が、そのポテンシャルを発揮すると考えているという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「トロロッソでは、すべてが完璧に機能している」

 マルコはオーストリアのテレビ番組でそう語った。

「来年、ホンダはもっと大きな努力をするだろう。彼らには、誰も追いつくことができない規模の、さくらの開発センターがある」

「日本人の文化は違うし、働き方も異なる。時間と共に、それを学ぶことになる」

「我々のホンダに対するアプローチは、マクラーレンのそれとは異なっている。マクラーレンは、マシンを組み立てるためにどんなエンジンが欲しいかを語っていた。しかし私たちが言っているのは、『私たちのために、可能な限り最速のエンジンを作って欲しい。その後、我々はそれをシャシーに収めるようにする』ということだけだ」

「我々の側から要求することは、他には何もない。我々はすべてを共に議論している」

 レッドブルは、ホンダPUを選択した理由のひとつとして、ルノーが独自のワークスチームを持っていることによる弊害を考慮したと指摘している。

 またマルコはルノーについて、「信頼を失った」と語る。

「ルノーは常に、『我々は来年、競争力をつけるつもりだった』と予言していた。しかし、そういうことは決して起こらなかった」

 そう語るマルコは、ホンダの言質はより強いと考えたという。

「我々は、ルノーに対する信頼を失った」

「ホンダは献身的なパートナーだし、財政的、技術的なリソースを持っている。そして、我々は彼らにとってナンバーワンチームだ」

 ダニエル・リカルドは、今季限りでレッドブルを離れ、来季からのルノーのワークスチームに加入することを決めた。マルコはこれについて、リカルドがホンダに対して信用できなかったことが、その理由になっている可能性があると認めた。

 しかしその一方で、ホンダは人事を一部変更し、社外の専門家からの支援も受けていると、マルコは語る。事実、ホンダはマクラーレンとの関係を終えた後、田辺豊治をF1テクニカルディレクターに就任させ、浅木泰昭を開発のトップに置いた。

「トロロッソのパフォーマンスは、彼らが明らかに進歩していることを示している」

 そうマルコは語る。

「来年には、ルノーをはるかに上回れるだろうと確信している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します