現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツ、フェルスタッペンにレッドブルF1入りを拒まれたという報道を否定

ここから本文です
スポーツ 2018.8.22

サインツ、フェルスタッペンにレッドブルF1入りを拒まれたという報道を否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルロス・サインツJr.は、2019年にマクラーレン入りすることは彼にとって正しい動きだと主張しており、レッドブルでのシート獲得をマックス・フェルスタッペンに阻まれたという噂は信じていないと述べている。

 メディアの報道では、ダニエル・リカルドがルノー移籍を発表した後、フェルスタッペンがサインツをチームメイトとすることを拒否したと伝えられている。ふたりは以前トロロッソにおいてチームメイトだった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 しかしサインツはそのような報道はばかげていると語った。

「どこから出た話だか分からない。なぜならマックスはパドックの中でも僕が最高に良い関係でいるドライバーのひとりだからね。彼は決してそんなことはしない」とサインツはオランダのメディアFormule 1に語った。

 サインツは2018年シーズンはレッドブルからルノーに貸し出されているが、来年からはマクラーレンとの複数年契約が始まる。

「僕にとって正しいタイミングで正しい場所にいることになると思う。マクラーレンは再構築されているところで、先頭集団へ返り咲くことにすべての焦点が置かれている」

「契約は2年だが、もっと長くいたいし、ともに成功を成し遂げたい」

「F1昇格と異なるチームでドライブする機会を与えてくれたレッドブルには感謝の気持ちしかない。レッドブルでシートを獲得しなかったからといって、将来戻ることはないということではない」

■サインツのチームメイトは誰に? 高まるバンドーン離脱の噂

 ストフェル・バンドーンがシートを喪失する噂が広がっているが、来シーズンにマクラーレンで誰がサインツのチームメイトになるかはまだ未定だ。

 それどころか、パドックで飛び交っている噂では、バンドーンはもっと早い時期にマクラーレンから放出されるのではないかとされている。一部では彼はホームレースである今週末のベルギーGPに出場しないのではないかとも見られている。

 しかしバンドーンのマネージャーを務めるアレッサンドロ・アルニ・ブラビはそのような噂をはっきりと否定した。

「ストフェルはベルギーGPに出場するし、今シーズンの終わりまで走る。そのことに疑いの余地はない」とブラビはLa Derniere Heure紙に述べた。しかしながら彼はバンドーンの2019年の見込みについては何も語らなかった。

 もしバンドーンが放出されたら、彼の後任の最有力候補はチームのテスト兼開発ドライバーのランド・ノリスとなるだろう。彼は今週金曜に初めてチームのフリー走行1回目を担当することになっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します