現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年から新設の電動バイクレース、MotoE参戦の12チームが決定。開催カレンダーはサンマリノで発表予定

ここから本文です
スポーツ 2018.8.22

2019年から新設の電動バイクレース、MotoE参戦の12チームが決定。開催カレンダーはサンマリノで発表予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年から新たに始まる電動バイクレース、『FIM Enel MotoE World Cup』について3回目の会議が第11戦オーストリアGP後に行われ、参戦チーム数やオフィシャルテストの日程などが確認された。

 MotoEは、MotoGPをプロモートするドルナスポーツが2019年から立ち上げる電動バイクによるレースシリーズ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 イタリアの電動バイクメーカー、Energica Motor Company(エネルジカ・モーターカンパニー)のスーパーバイク『Energica Ego Corsa(エネルジカ・エゴ・コルセ)』のワンメイク車両で、オフィシャルタイヤサプライヤーはミシュラン、開催カレンダーはヨーロッパ圏での5戦が予定されている。

 前回イタリアのムジェロで行われた会議では、レースウイーク中の暫定タイムスケジュールが決定された。

 レッドブル・リンクで開催された今回の会議では、参戦チームが確定。セパン・インターナショナル・サーキットが新たに加入し全12チームから18名のライダーにより参戦することが決定した。

 なお、セパン・インターナショナル・サーキットは、2019年よりアンヘル・ニエト・チームのMotoGPクラスの参戦枠を引き継ぐ契約を取り交わしており、ヤマハからYZR-M1を供給されることで合意していることが7月頭に明らかになっている。

 このセパン・インターナショナル・サーキットを除き、MotoGPクラスの参戦チームからは各2名のライダー、Moto2クラスとMoto3クラスの参戦チームからは各1名のライダーがエントリーし、チャンピオンシップは全18名のライダーによって争われる。

 また、オフィシャルテスト日程は11月23~25日のテストを皮切りに、2019年3月13~15日、4月23~25日と3回が予定されている。開催地はすべてへレス・サーキットだ。

 レースの開催地はいまだ明らかになっていないが、第13戦サンマリノGPで発表される予定だという。

 MotoEのシリーズディレクター、ニコラス・グベール氏は「この会議が行われる前、冬に行ったテストでの情報を共有し、エネルジカのテストを行った。ミシュランタイヤのテストを行い、すべてがうまくいった。ロリス・カピロッシとアレッサンドロ・ブランネッティがMoto3クラスのラップタイムでレッドブルリンクを周回した」と、MotoE開催に向け順調な進捗状況を語った。

■MotoE参戦チーム(2ライダー)
・Tech 3 Racing
・LCR Team
・Pramac Racing
・Esponsorama Racing
・Gresini Racing
・Angel Nieto Team

■MotoE参戦チーム(1ライダー)
・Sepang International Circuit
・Marc VDS Racing Team
・Ajo Motorsport
・Pons Racing
・Dynavolt Intact GP
・SIC58 Squadra Corse

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します