現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダの候補ティクトゥム「F1で戦う準備はできている」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.22

トロロッソ・ホンダの候補ティクトゥム「F1で戦う準備はできている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのジュニアドライバー、ダン・ティクトゥムが、トロロッソでのF1デビューのチャンスが与えられるのであれば、そのチャレンジに立ち向かう準備はできていると語った。

 2019年に向けてレッドブルはダニエル・リカルドの後任として、現在トロロッソ・ホンダで走るピエール・ガスリーを昇格させることを決めた。それにより、2019年のトロロッソには少なくともひとつ空席ができることが確実となった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 トロロッソはレッドブルのため若手ドライバーを育成する場としての役割を担っており、首脳陣はジュニアプログラムのメンバーから2019年のレースドライバーを選ぶことを考えているはずだ。

 前半戦、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコがティクトゥムをF1テストに起用しようとしたが、スーパーライセンスの問題があり、実現しなかった。しかしレッドブル首脳陣がティクトゥムに注目していることは明らかだ。

 ティクトゥムは2017年にレッドブルジュニアチームに加入、2018年はヨーロピアンF3選手権に参戦し、6ラウンド終了時点でランキング首位につけている。F1に参戦する資格を得るために必要なスーパーライセンスポイントを稼ぐためにも、ティクトゥムは今のポジションを維持し、タイトルを獲得したいと考えている。

■「F1にふさわしいかどうか判断するのはボス」と言いつつ、自信を見せるティクトゥム
 2019年のF1昇格についてレッドブル首脳陣から何か聞かされているかとSky Sportsに尋ねられ、ティクトゥムは「(今のところ)何も知らされていない」と答えた。

「僕にできるのは、1戦1戦しっかり取り組んで、できるだけ多く勝つことだ。それによってどの位置に来るかだね」

「今シーズンが終わる段階で(F1に参戦するためのスーパーライセンス)ポイントを確保し、チャンスが出てきた場合、ボスがその後のことを決める。僕の準備が整っているかどうかはボスが判断することだ」

「改善の余地はいつだってあるものだけど、僕自身は、チャレンジに立ち向かうことができると思っている」

「もし(スーパーライセンス)ポイントが足りなければ、来年どこで走るのかをボスが決める」

 マルコは来シーズンのチャンスについて何かほのめかしてはいないのかと聞かれ、「僕は本当に何も知らないんだ」とティクトゥムは答えた。

「状況を見ていくだけだよ。今後2、3カ月で答えが出るだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します