現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1技術解説2018年シーズン前半総括(3):オーダーメイド仕様の極薄シートは外部からの救出が可能

ここから本文です
スポーツ 2018.8.22

F1技術解説2018年シーズン前半総括(3):オーダーメイド仕様の極薄シートは外部からの救出が可能

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズンは折り返し点を過ぎ、サマーブレイクも終わりに近づいている。後半戦突入を前に、前半戦で撮影した普段あまり見たことのない写真をもとに、各チームのマシンアップデートや、基本的な技術レギュレーションのおさらいをしてみよう。

■レッドブルのステアリング
 ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのステアリングである。RB14のステアリング背面には、左右に3枚ずつのペダルが付いている(写真参照)。一番下はクラッチペダル(常にどちらか片方だけが作動可能)、真ん中はギヤシフト用である。そして一番上のペダルは、ドライバーの好みで機能を割り当てられるようになっている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露



■ハロの登場で2分割を余儀なくされたモニター(トロロッソ)
 ハロの導入で、各チームが見直しを迫られたパーツがある。ドライバーがガレージにいる際、コクピット内で見るモニターである。ハロ中央のピラー(柱)が邪魔で、従来形状のモニターは設置できない。そのため2分割型が主流となった。



■メルセデスとマクラーレンの補助オイルタンク
 メルセデスやマクラーレンなどの複数チームは、マシン前方下部のスプリッター(写真白矢印)の上に補助オイルタンクを設置している(同赤矢印)。1枚目の写真はマクラーレンで、“OIL USE ONLY”の文字と、全チームにオイルタンクを供給しているATL社のロゴが見える。燃料タンク同様、ケブラー素材にラバーをコーティングしているようだ。

 補助タンクは全F1マシンに備わっているが、通常はサイドポンツーン内に置かれる。しかしメルセデスやマクラーレンは、重心を少しでも下げるのとサイドポンツーンの形状を少しでも細くするために、スプリッターの上に置く工夫を凝らしている。

 燃焼室内でのオイル消費は、メインオイルタンクに取り付けられたセンサーによって、走行中もリアルタイムでFIAに監視されている。一方、補助オイルタンクのオイル量は、レーススタートの1時間前までにFIAに申告することになっている。



■オーダーメイドのバケットシート(メルセデス、フェラーリ)
 カーボンファイバー製のF1用バケットシートは、ドライバーひとりひとりの体格に合わせたオーダーメイド仕様である。シートは実に薄く、ほんの数ミリの厚さしかない。

 1999年以来、バケットシートはマシンへの固定が禁じられた。その結果、事故でドライバーが自力で脱出できなくても、シートに座ったまま引き出すことが可能になった。バケットシート背面に見えるベージュと赤、青のベルトは、ドライバーをシートごと引き出すためである(写真参照)。

 フェラーリとメルセデスではシート形状が微妙に違うものの、機能は同じである。臀部から太ももにかけての凹凸を見るだけでも、シートの薄さが窺えると思う。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します