現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポコノで大クラッシュ喫したウィケンス、月曜日夜に外科手術。脊椎の負傷に対する処置|インディカーニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.21

ポコノで大クラッシュ喫したウィケンス、月曜日夜に外科手術。脊椎の負傷に対する処置|インディカーニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポコノ・レースウェイで行われたインディカー第14戦。レース序盤の大クラッシュで負傷したロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)は、月曜日の夜に手術を受けることになるようだ。

 決勝スタート直後に出されたコーションが明けた7周目、ウィケンスは3番手を走るライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)と軽く接触。両車が挙動を乱した結果としてウィケンスのマシンは宙に投げ出され、SAFERバリアの上を滑った後、デブリキャッチフェンスに当たり大破してしまった。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 ウィケンスはクラッシュの後、首を固定したままヘリで付近の病院に搬送された。チームとインディカーがレース後に発表した声明によると、彼は下肢や右腕、脊椎を負傷し治療を受けている他、肺挫傷を負っているという。

 そして月曜日になり、短い声明が発表され、彼の状態についてさらなる情報がもたらされた。MRI検査の結果、外科手術を行うことが決定されたようだ。

「シュミット・ピーターソン・モータースポーツのドライバーであるロバート・ウィケンスは、ポコノ・レースウェイで8月19日(日)に行われたABCサプライ500で負傷し、リーハイ・バレー病院で治療を続けています」とチームは声明で発表した。

「MRI検査は、適切な外科手術プランを明らかにする手段となり、ウィケンスは月曜日夜に脊椎損傷の手術を受けます」

「さらなる情報は、発表可能になり次第提供されます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jack Cozens)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します