現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表「ガスリーはわずか1年足らずで才能を証明してみせた」。抜擢の理由を語る

ここから本文です
スポーツ 2018.8.21

レッドブルF1代表「ガスリーはわずか1年足らずで才能を証明してみせた」。抜擢の理由を語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーが、ピエール・ガスリーを2019年レースドライバーに起用した理由について、ガスリーが若手ではトップレベルの力を持つドライバーであることを1年足らずで確認できたと語った。

 ダニエル・リカルドが2018年末でレッドブルを去ることを決めたため、チームは後任ドライバーの選定にあたってきた。傘下にあるカルロス・サインツJr.も有力な候補だったとみられるが、サインツはマクラーレンと複数年契約を結んだことを先週発表。これによりレッドブルが、現在トロロッソ・ホンダで走るガスリーを選択したことがほぼ確実とみられていた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ガスリーは2013年にレッドブルのジュニアドライバーの一員となり、2016年にはGP2でタイトルを獲得、2017年、スーパーフォーミュラでランキング2位となった。この年のマレーシアGPでトロロッソからF1デビュー、2018年はトロロッソ・ホンダで初のF1フル参戦シーズンを送り、第2戦バーレーンでは4位に入るなど速さを発揮、ここまで3回の入賞で、チームのポイントのほとんどを稼いでいる。

 20日、レッドブルは2019年、ガスリーがマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めることを正式に発表した。

「レッドブルはピエールのキャリア初期から彼の才能を伸ばすことに努めてきた。ピエールがスクーデリア・トロロッソでF1にデビューしたのは去年のことで、それから1年もたっていないが、彼はすでに確かな才能を証明している」とホーナーは述べている。

「今年は彼にとってF1で初のフルシーズンであるにもかかわらず、ホンダのパワーユニットを使用するチームで、見事なパフォーマンスを発揮、モータースポーツ界において最もエキサイティングな若手ドライバーのひとりとして、評価を確立してきた。ピエールはその速さ、スキル、姿勢を2019年にレッドブル・レーシングで発揮してくれるものと期待している」

「我々は現時点では2018年F1シーズンで最大の結果を出すことに集中しているものの、同時に、マックスとピエールがアストンマーチン・レッドブル・レーシングのマシンで戦う2019年シーズンも楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します