現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「アロンソにとってF1活動休止は正しい判断」と元チームメイトのバトン

ここから本文です
スポーツ 2018.8.20

「アロンソにとってF1活動休止は正しい判断」と元チームメイトのバトン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェルナンド・アロンソが2018年末でF1キャリアにひとつの区切りをつけると決めたことについて、マクラーレン・ホンダでチームメイトを務めたジェンソン・バトンは、アロンソの判断を全面的に支持すると語った。

 2015年に復活したマクラーレン・ホンダでふたりはペアを組んだが、チームが低迷から抜け出せないまま、バトンは2016年いっぱいでF1フル参戦活動から退いた。マクラーレンがホンダとの提携を解消し、ルノーのパワーユニット/エンジンを搭載した今年もパフォーマンスの改善は見られず、アロンソは引退宣言は避けつつ、2019年にはF1に参戦しないという決断を下した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 週末にWECが行われたシルバーストンで、バトンはメディアに対し、アロンソがF1から離れること、復帰する道を残したことは正しい選択であるとの考えを示した。

「『やっと正しい決断を下したな』と彼に言ったんだ。彼はようやく現実を見つめたんだと思う」とバトン。

「いつF1から退くかを決めるのはドライバー自身だ。彼は僕と同じ選択をした。F1から去るものの、1年後に戻ってくる道を残した」

「正しい選択だと思う。もしマクラーレンが速くなり、優勝できる状態になったなら、彼はF1に復帰するだろう」

■「アロンソはF1はやめてもレースはやめない」とバトン
 バトンは、アロンソは類まれな才能をもつドライバーであり、同じチームで走るのは素晴らしい経験だったと振り返る。また、アロンソはF1から離れても、レース活動を積極的に続けていくだろうと、バトンは予想している。

「彼の引退について語るよりも、彼が成し遂げてきたことに目を向けるべきだ。素晴らしいキャリアを築いてきたんだ。タイトルを2回獲得し、何度かあと一歩のところまで行った。そこまでやれるドライバーは多くはない」とバトンは言う。

「チームメイト同士だったから、僕はフェルナンドの強みも弱みも知り尽くしている。彼と同じチームで走り、彼と戦うのは本当に本当に楽しい経験だった」

「僕にとって一番てごわいチームエメイトだったと思う。亡くなった父は、常にフェルナンドに敬意を示していた。フェルナンドの方も僕の父とはとてもうまくやっていた」

「彼は95歳になるまでレースをしているんじゃないかな。僕より積極的にレース活動をしている。スペインではカートスクールを運営して、走ったり教えたりしているし、WECにも参戦している」

「(F1に出場しなくても)来年も忙しく過ごすんだろうね。レーシングドライバーにレースをやめさせることはできない。僕は自分はやめられると思っていたけど、結局やめられなかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します