現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタ2台揃って失格! 原因はスキットブロックのたわみ。チームは控訴を検討中|WECシルバーストン6時間

ここから本文です
スポーツ 2018.8.20

トヨタ2台揃って失格! 原因はスキットブロックのたわみ。チームは控訴を検討中|WECシルバーストン6時間

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日イギリス・シルバーストンで行われた2018年WEC第3戦シルバーストン6時間レースで、1-2位でチェッカーフラッグを受けたトヨタTS050 HYBRID2台が、揃って失格になった。

 レース後に行われた車検で、車体の底部に取り付けられているスキッドブロックがレギュレーション違反に問われたのが失格の理由だった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 このスキッドブロックと呼ばれる部品は、車体の底部を路面との接触から守る板。レース後の再車検で、このスキッドブロックが2500Nの重さをかけた時、規定以上曲がらないことが条件だった。ところがトヨタTS050 HYBRIDの8号車は前端が9mm、7号車は両脇が6mm規定値を超えて曲がった。これは2018年LMP1-H技術規則の第3条項目5の6を満たしていないことになり、FIAはそれを規則違反と取った。

 ただし、トヨタからの公式声明によれば、トヨタTS050 HYBRIDのスキッドブロックは2017年から同様のものを使用しており、これまで違反に問われたことはなかった。しかも、近々では5月に行われたスパ6時間レースの後に車検を受けたが、この時には違反は問われなかった。

 トヨタのWEC関係者の仲間には、この判断が不服だと感じている者もいる。チームとしては控訴するかどうか検討中だとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 赤井邦彦)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します