現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディカー第14戦ポコノ/レース序盤の多重クラッシュで赤旗中断に

ここから本文です
スポーツ 2018.8.20

インディカー第14戦ポコノ/レース序盤の多重クラッシュで赤旗中断に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポコノ・レースウェイで開催されているインディカー第14戦。レース序盤の7周目で5台が絡む多重クラッシュが発生。レースは赤旗中断となっている。

 トリッキー・トライアングルと呼ばれる3つのターンで成り立つポコノ・レースウェイでの500マイルレース。曇り空の下、スタートを迎えるも、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がスピンサー・ピゴット(エド・カーペンター・レーシング)が接触。1周目からイエローコーションとなる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 7周目にリスタートを迎えると、ポールスタートのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)をアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が交わしトップを奪取。

 3番手のジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)は少し遅れ、3番手争いはライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)とロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)がサイド・バイ・サイドで争う展開に。

 ここでウィケンスがハンター-レイに接触。ハンター-レイはウォールにヒットし、ウィケンスもハンター-レイのマシンに乗り上げフェンスに激しく接触。マシンは大破し、回転してインサイド側にストップ。

 このクラッシュを避けたジェームズ・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)もスピンを喫し、ピエトロ・フィッティパルディ(デイル・コイン)が接触。佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)もこのクラッシュに巻き込まれ、2台のオイルをかぶりウォールに接触。5台がリタイアとなる多重クラッシュとなった。

 ハンター-レイ、フィッティパルディ、そして佐藤琢磨も自力でマシンを降りたが、ヒンチクリフは手を痛めた模様。そして、マシンが大破したウィケンスはセーフティクルーが救出。ドクターヘリで病院へ搬送されたが意識はあると発表された。

 フェンスの修復もあり、現在レースは8周で赤旗中断となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します