現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 大変革のWEC2019/20年暫定カレンダー発表。最終戦は2020年ル・マン24時間、日本戦は2019年10月

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

大変革のWEC2019/20年暫定カレンダー発表。最終戦は2020年ル・マン24時間、日本戦は2019年10月

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WEC世界耐久選手権を運営するACOフランス西部自動車クラブは8月17日、2019/20年シーズンの暫定カレンダーを発表した。2019年9月のシルバーストン戦を皮切りに、2020年6月のル・マン24時間までの全8戦で構成される。

 2017年にファンを対象に行なった調査をもとに構成したというカレンダー、最大のトピックスはシーズン開幕がこれまでの4~5月から9月に変更され、ル・マン24時間がフィナーレを飾る最終戦に組み込まれたこと。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 またレース時間についても、4時間耐久と6時間耐久、8時間耐久の3形態が用意されたほか、ブラジルのサンパウロやバーレーンがカレンダーに復活している。

 日本戦はシリーズ第2戦として2019年10月13日、富士スピードウェイで6時間耐久レースとして行われる。

 この暫定カレンダーはFIAのWECコミッションに提出された後、10月12日にフランス・パリで行われるFIA世界モータースポーツ評議会で承認される見込み。

「これまで親しんできたものを保ちながら、世界中にいる多くのファンが望むような形でカレンダーを提示できることをうれしく思う」と語るのはACOのピエール・フィヨン代表。

「WECはル・マン24時間を礎として、もっとも激しい競争が繰り広げられ、かつオープンなチャンピオンシップとして、自動車メーカーにとっては自分たちの製品をPRする最高の場でもあり続ける」

「レースフォーマットを変更したことは過去に立ち返ったように受け止められるかもしれないが、我々は持続可能でエキサイティングなチャンピオンシップを維持し続けるために前を見据え続ける」

「新たなWECは2019年9月にシルバーストンで幕を開ける。その瞬間が待ち遠しいよ」

 WECのジェラルド・ヌブーCEOも「当然ながら、我々はシリーズパートナーや参加者たちと協議を行い、このカレンダーは我々はもちろん、ファンにとっても喜ばしいものになると確信している」と述べている。

「我々の目標は2020/21年カレンダーにイベントを追加し、少なくとも月に1戦はレースを開催し、(ファンからの)関心を保つことだ」

■2019/20年 WEC世界耐久選手権暫定カレンダー(8月17日時点)
Rd.DayCircuit/CountryRace Distance12019年9月1日シルバーストン/イギリス4時間22019年10月13日富士スピードウェイ/日本6時間32019年11月17日上海国際サーキット/中国4時間42019年12月14日バーレーン/バーレーン8時間52020年2月1日サンパウロ/ブラジル6時間62020年3月セブリング/アメリカ1000マイル(8時間)72020年5月3日スパ・フランコルシャン/ベルギー6時間82020年6月13~14日ル・マン/フランス24時間

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します