現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCラリー・ドイチェランド|初日はトヨタのオット・タナクがSS1をトップ発進

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

WRCラリー・ドイチェランド|初日はトヨタのオット・タナクがSS1をトップ発進

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドの初日、スーパースペシャルステージとしてSS1が行われ、トヨタのオット・タナクがトップタイムをマーク。前戦ラリー・フィンランドを制した勢いを維持した。


 ザンクト・ヴェンデル市街地で行われたSS1は大きな牧草ロールによって形づくられた非常にタイトなステージ。全長2.04kmと短いこともあり、WRC2のドライバーも上位に顔をのぞかせた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 昨年のラリー・ドイチェランドでSS1トップタイムを記録したターマックのスペシャリスト、ヤン・コペッキー(シュコダ)は今年のSS1でも好調。2分11秒8というタイムで総合5番手となった。


 WRCクラスで彼のタイムを超えられたのは、タナクとダニ・ソルド(ヒュンダイ)のみ。2分11秒2を記録したタナクが総合トップ、ソルドは0.4秒差の総合4番手となった。

 ランキング2位のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)は総合6番手(クラス3番手)、ポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は総合13番手(クラス7番手)となっている。

 トヨタのエサペッカ・ラッピは総合12番手、ヤリ-マティ・ラトバラはイン側の牧草ロールにヒットし、一時失速した場面もあり総合15番手となっている。それでも、ラトバラとタナクの差は2.6秒。本格的な争いは2日目からスタートとなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します