現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 肺移植のラウダ、日常生活に多数の制限事項。2018年中のF1現場復帰は困難か

ここから本文です
スポーツ 2018.8.17

肺移植のラウダ、日常生活に多数の制限事項。2018年中のF1現場復帰は困難か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伝説的な元F1ドライバーであり、現在メルセデスのノンエグゼクティブチェアマンを務めるニキ・ラウダは、最近肺の移植手術を受けたことで、今後の日常生活が一時的なものも永久的なものも含め、大きな制限を受ける見込みであることが分かった。

 ラウダはウィーンのAKH病院の集中治療室に留まっており、今後時間をかけて回復に努め、物理療法などの処置を受けることになる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 オーストリアのメディアによると、先週終わりには、腎臓の透析が必要な状態になったものの、ラウダの容体はすぐに安定したという。

 回復の過程で、3度のF1世界チャンピオンである69歳のラウダの日常生活には、いくつかの大きな変化がもたらされることになる。

 食事療法の指示があることが明らかなほか、ラウダは少なくとも6カ月は飛行機での移動を完全に禁止されることになる。さらに彼の医師団は、医療的緊急事態に備えて、自宅近くに留まり、遠方に出かけることなく静養するよう勧めている。

 さらにラウダは“生涯にわたり公共のスイミングプール、サウナ、スパの利用を禁止”され、住居からは“すべての植物を撤去しなければならない”とされており、将来は動物との接触も避けなければならないという。

 制限事項がメルセデスと航空会社ラウダモーションでの責務にどのように影響するかは現時点では不明だが、ラウダが今シーズン中にグランプリの現場を訪れるのは難しそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します