現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオーストリアGP初日|ドゥカティ好調、ドヴィツィオーゾが首位。FP2は雨に。中上貴晶は16番手

ここから本文です
スポーツ 2018.8.11

MotoGPオーストリアGP初日|ドゥカティ好調、ドヴィツィオーゾが首位。FP2は雨に。中上貴晶は16番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルリンクで開幕したMotoGP第11戦オーストリアGPの初日。午前中のフリー走行1回目(FP1)では、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾがトップタイムをマークした。

 初日の午後に行われるFP2と、土曜日午前に行われるFP3で雨の可能性が高かったため、各ライダーはFP1でラップタイムを出そうと、通常より早めにタイムを出しに行った。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 セッション開始10分も経たないうちに、ヤマハのバレンティーノ・ロッシがメインストレートエンドでスロー走行。どうやらリヤのスプロケットが破損してしまったようだ。ロッシはその後、すぐに走行を再開したものの、11番手に終わった。

 このセッションで速さを発揮したのは、ドゥカティの2018年仕様バイクに乗る3人。ドゥカティのドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソ、プラマックのダニーロ・ペトルッチはいずれも、代わる代わるトップに立った。

 しかしセッション中盤にレプソル・ホンダのマルク・マルケスが1分24秒411をマーク。2番手のドヴィツィオーゾに対して0.4秒近く速いタイムを記録した。ただ、ドヴィツィオーゾが徐々にタイムアップし1分24秒295とマルケスを上回った。

 トップ2のオーダーはセッション終了間際まで変わらなかったものの、ロレンソやペトルッチもタイムアップ。ドヴィツィオーゾも自己ベストを更新し、ドゥカティ勢がトップ3を独占してセッションを終えた。

 最終的にドヴィツィオーゾと0.581秒差をつけられたマルケスが4番手。スズキのアンドレア・イアンノーネが5番手だった。

 レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは6番手。LCRホンダのカル・クラッチローが7番手に続いた。クラッチローのチームメイトである中上貴晶は16番手。10番手だったマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)とは、0.176秒差と僅差でトップ10入りを逃した。

 FP2は予報通り雨。セッション開始前に激しい雨が降ったことで、走行開始が15分遅れた。

 セッション開始時間を迎えても、雨が降り続いており、最初の10分でコースインしたのはアレックス・リンス(スズキ)とヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)のみだった。

 リンスが記録したタイムは1分50秒456で、すぐにピットイン。一方のザルコはそのまま周回を重ね、雨が弱まると徐々にタイムが上がっていった。セッション折り返しの時点で1分40秒を下回るタイムを記録した。

 コースインするライダーも徐々に増え始めた。アプリリアのスコット・レディングが1分34秒538をマークし、残り13分の時点でピットに戻ったが、直後にマルケスがそれを上回った。

 マルケスは、再び雨が降り始める直前に1分33秒995を記録。コンディションが悪化したことで、彼のタイムを上回るライダーは現れず、マルケスがセッショントップとなった。

 2番手はスコット・レディング(アプリリア)。ペトルッチ、ロレンソ、ドヴィツィオーゾとドゥカティ勢はウエットでも好調を維持した。

 結局、FP2でFP1のタイムを更新できたライダーはいなかった。そのため、FP3も雨の影響を受けることになれば、FP1のトップ10はそのまま予選Q1を免除されることになる。

 FP2で13番手となったフランコ・モルビデリ(マルクVDSホンダ)だが、FP1でアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)の走行を妨害。”無責任なライディング”があったとして、3グリッド降格ペナルティを科せられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Gruz)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します