現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM:ミサノ戦にスポット参戦するザナルディ、事前テストで約300周を走破

ここから本文です
スポーツ 2018.8.10

DTM:ミサノ戦にスポット参戦するザナルディ、事前テストで約300周を走破

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月24~26日にイタリア・ミサノで開催されるDTMドイツ・ツーリングカー選手権第7戦にスポット参戦するアレックス・ザナルディは8月7~8日、同じくイタリアのバレルンガ・サーキットで行なわれたテストに参加し、ハンドドドライブシステムが組み込まれたBMW M4 DTMで294周をこなした。

 2001年のレース中に起きた重大アクシデントによって両脚を失った後もレースに対する情熱を絶やさず、WTCC世界ツーリングカー選手権やブランパンGTシリーズなどに出場。さらにパラリンピックのハンドサイクル競技で金メダリストとなった元チャンプカー王者が、母国イタリアで開催されるDTMにBMWからゲスト参戦する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ザナルディやイタリアのファンにとって特別なイベントになるDTMミサノラウンドに向けて、BMWと“レジェンド”は事前のテストをバレルンガで実施し、専用の装備をコクピットに組み込んだM4 DTMの機能を確認するとともにドライビングの調整が行なわれた。

 テスト後、ザナルディは「素晴らしいテストになった! すべてにおいて正しい方向に向かっているよ」とコメント。

「新しいものがたくさんあるが、1周1周ラップを重ねるごとに自分のものにしている。ミサノに向けていい準備ができておりBMWにはとても感謝しているんだ」

 2日間で合計294周、約1200kmを走り込んだゼッケン12番のM4 DTMには、これまでザナルディが走らせてきたマシンとは異なるハンドドライブシステムが備わっている。

 BMWによれば過去のシステムはザナルディが義足を使ってブレーキペダルを操作していたが、今回これを廃し右手でレバーを操作することでブレーキをかけるものに変更されているという。

 これによって旧仕様で問題となっていたザナルディの疲労を和らげることに一定の効果がみられていることから、今後予定されている北米ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの2019年開幕戦、デイトナ24時間参戦時のマシンにも同様のシステムが採用されることが予想される。

 ザナルディは「以前のシステムからの進歩はとても大きい」と語る。

「BMW M4 DTMのように、とても速いクルマをドライブするのは物理的に非常に厳しいものなんだ。そのなかで僕が今までやってきた義足でブレーキをかけ続けるドライビングスタイルはより難しいものになっただろう」

■「以前のブレーキシステムでは2日間のテストをこなせなかった」とザナルディ

「正直なところ、ガレージで初めてマシンに乗り込んだ時にはペダルボックスのない足元の空間が奇妙に感じた。『これはおかしい!』とね。しかし、新しいシステムは僕に適していると言わざるを得ない」

 多くのラップを重ねたザナルディはテスト開始当初こそ慣れないシステムに戸惑ったというが、新たな装備の有用性を評価している。

「僕が慣れているものと、システムもクルマもまったく違った」

「2年近くレーシングマシンに乗っていないことに加えてM4 DTMは初めて乗るクルマなので多くのラップを重ねた。(他のドライバーと比べて)タイムは速くはないだろうが、以前のブレーキシステムではこれほどまでの距離を走れなかったはずだ」

 2週間後に迫ったレースが自身にとってビッグイベントになるだろうと語ったレジェンドは、厳しい戦いを予想しながらも初めてのDTM参戦を楽しみにしている様子だ。

「今回のイベントは僕のキャリアのなかでも、もっとも難しい仕事のひとつになるだろう。DTMは現在、世界でもっとも激しいレースが行なわれているシリーズであり、僕はF1よりも優れているとさえ考えている」

「それだけにタフなレースになることが予想されるが、同時にとても面白くもあるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します