現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > LEXUS TEAM SARD 2018スーパーGT第5戦富士 レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.8.9

LEXUS TEAM SARD 2018スーパーGT第5戦富士 レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DENSO KOBELCO SARD LC500
第5戦富士、奮闘みせるもハンディ厳しく11位フィニッシュ

SUPER GT第5戦富士レポート

    スーパーGTで初の1-2『真夏のトムス祭り』のはずが……同チームだけに悔しさ残るKeePerのふたり

2018 スーパーGT第5戦『FUJI GT 500mile RACE』(8/4-5)
富士スピードウェイ(1周4.563km)
入場者数:予選2万2100名、決勝3万8300名 合計6万400名

 8月4日(日)、スーパーGT第5戦『FUJI GT 500mile RACE』の決勝が行われ、11番グリッドから勇猛果敢に上位フィニッシュを目指してスタートしたDENSO KOBELCO SARD LC500は、オープニングラップでスピードに優る後方スタートのクルマに抜かれ2周目には14位にまで順位を下げたが、厳しいハンディウエイトを背負いながらも、じりじりとヘイキが順位を上げていき1回目のピットストップ時には9位にまで挽回。
 
 36周目に交代した第2スティントを担当した可夢偉も苦しみながらもポジションをキープ。ピット作業も他車を常に数秒上回る安定して速いピットワークをみせていった。第3スティントでコンディション変化とともにウエイトの軽いクルマに順位を奪われ12位に。
 
 ふたたびそこから意地の巻き返しを図り、第4スティントで11位に。最後の第5スティントでも厳しいハンディに苦しみながらも一旦落ちた順位を挽回するなど、スピードに劣るもそれ以外の部分やピットワークでチームが一体となってタイムを削る健闘をみせたDENSO KOBELCO SARD LC500。
 
 唯一の燃リス2ダウンと厳しいウエイトハンディに苦しみ、ドライバーポイントこそ得られなかったが次戦につながる奮闘振りをみせ11位フィニッシュとなった。
 
 ドライバーポイントは獲得ならず(計35点)、チームポイントでは2点を獲得(計46点)し、シリーズランキングはドライバー5位、チーム7位となった。タイトル争いの生き残りを懸けた次の第5戦は約1カ月半後となる9月15日(土)・16日(日)にスポーツランドSUGOにて開催される。

公式練習
 前戦の第4戦タイではLEXUS同門対決の激戦を制して優勝を飾り、シリーズランキングトップに浮上したDENSO KOBELCO SARD LC500。シリーズは後半戦へと突入し、真夏の開催となる第5戦は富士スピードウェイが舞台。今季2回目の開催となる富士、公式予選はノックアウト方式(Q1、Q2)で行われ、決勝は13時30分スタートの500mile(177周:約800kmで5時間弱)のロングディスタンスとなる。
 
 ピットストップは4回が義務付け。ウエイトハンディは現獲得ポイントの倍の数値となる70kg。このウエイトハンディであるが燃料流量リストリクターが2段階(昨年よりもさらに減らされた約7%減)絞られ、実際搭載するウエイト重量は36kgとなる。前回タイ戦からは重量は6kg増しであるが、燃料流量が全車中唯一2段階絞られることで富士特有のストレートスピードの落ちは免れない厳しい条件でのレースを強いられる。

 5月連休に当地で行われた第2戦ではトップ争いを演じて2位フィニッシュとこれまでも相性が良く得意な富士だけに、最も重いウエイトハンディのため予選順位は厳しくとも、長丁場の決勝では持ち前の粘りと底力を発揮できればレース終盤に上位を争う展開に持ち込めるであろう。
 
 ポイントも通常よりも多く獲得できる今回の富士戦で確実にチャンスを掴んで何が何でも上位フィニッシュを果たして、チャンピオンシップ争いのリードを一気に拡げていきたいところ。非常にタフな戦いを強いられると予想されるが、チームは一丸となって勇猛果敢に厳しい戦いに臨んでいった。

 4日(土)午前中の公式練習走行は、8時40分から気温28度/路面温度35度と朝から高温の厳しい暑さのなかで開始。コースオープンとともにヘイキがミディアム系タイヤを装着してコースイン。余力を残しながらまずは1分31秒台をマークしてタイヤを評価。クルマのバランスは若干アンダー傾向であったが良好とのことで、続いてソフト系タイヤの評価を行った。
 
 途中セットの微調整を施し赤旗中断を挟んでセットを評価。ミディアム系タイヤ方が安定してバランスも良いとのことで、22周目から可夢偉がドライブし、ヘイキが装着した2種類のドライタイヤを確認した。安定具合からするとミディアム系タイヤの方がコンディションにマッチしており、バランスも良好とのドライバー評価に。予定どおりにプログラムを進め公式練習走行の混走セッションでは15番手となった。
 
 10分間のGT500クラス単独セッションでは可夢偉がアタックシミュレーションを行い、1分31秒128とタイムを削ってきたが15番手のままで公式練習走行を終え、サーキットサファリも含めてトータル51周を走行して公式予選への準備を終えた。GT500全車中で唯一の燃リス2ランクダウンはタイム的に厳しい状況であったが、決勝は確実に走って上位フィニッシュできるように戦略を組み立てていった。
公式予選
■公式予選Q1:ヘイキが健闘の11番グリッド獲得
 4日(土)公式予選開始時の天候は晴れ。気温31度/路面温度44度の蒸し暑いコンディション。アタッカーのヘイキが公式練習走行でフィーリングの良かったミディアム系タイヤを装着してコースイン。丁寧にタイヤに熱を入れて温めるヘイキ。ストレートスピードは伸びずとも安定したコーナーリングでセクター2のタイムはまずまず。4周目に1分29秒817と7番手タイムを叩き出す。
 
 クルマのバランスはすこぶる調子よくドライバビリティに優れたセットアップが施されて非常に安定したタイム。続く5周目セクター1で100分3ほど4周目より遅れたが、続くセクター2で気合い一発100Rコーナーで決めたヘイキがコンマ1秒ほど削ってくる。
 
 最終セクターでまだタイヤにタレは来ず100分の4秒を削り取ったヘイキは1分29秒670と自己ベストを更新。公式練習走行ではトップ差1.6秒もあったギャップを0.664差とギャップを埋めた健闘の走り。トップに詰め寄り決勝に期待がかかる納得の11番グリッド獲得となった。Q1アタックを終えたヘイキはクルマのバランスは非常に満足のいく仕上がりで調子が良く177周のロングディスタンスとなる決勝が楽しみだとコメントした。

決勝
■ウォームアップ走行
 5日(日)の天候は時折晴れ間が見えるものの曇り。気温31度/路面温度45度のコンディションの中、20分間のウォームアップ走行が行われ、ユーズドタイヤで燃料を積んだ状態で、まずはヘイキが5周ほど走行。続いて可夢偉が7周にわたってクルマの確認を行った。ペース的には厳しくも安定した周回を重ね、決勝への準備を整えた。

■決勝スタート
第1スティント:序盤、ヘイキが一旦後退も挽回
 5日(日)13時30分決勝スタート時点は気温32度/路面温度47度の曇り空。500マイルにわたる熱戦の火蓋が切って落とされると11番グリッドから勇猛果敢に上位フィニッシュを目指してスタートしたヘイキが1コーナーをクリアしていったが、オープニングラップでスピードに優る後方スタートのクルマにセクター3までに抜かれてしまい、2周目には14位にまで順位を下げてしまう苦しい出だしに。
 
 だが長距離レースで安定したラップとピットワークで跳ね返せると厳しいハンディウエイトを背負いながらも、我慢の走行を続けていった。じりじりとヘイキが順位を上げていき26周目には9位にまで挽回していき、36周を終え1回目のピットインを行った。

第2スティント:可夢偉が懸命にポジションキープ
 40秒台中ごろと素早いピット作業で他車よりも4~5秒速く可夢偉を送り出す。前とのギャップを縮めることに成功して遅れを取り戻していく。可夢偉は苦しみながらも9位のポジションをキープする安定感のある走り。ピット作業で他車を常に数秒上回る安定して速いピットワークが大きくギャップを削れるポイントとみてメカニックも集中していった。
 
 途中のクルマの様子を無線で冷静にレポートしながら可夢偉がタイヤをマネージメント。無線でピットインの指示があるとプッシュして僅かでもギャップを削っていく努力を重ねた。そして、予定通り71周を終えてヘイキと交代すべくピットインを行った。

第3スティント:コンディション変化がヘイキのペースを奪う
 2回目のピットもミスなくスムーズな作業でヘイキを送り出すメカニック。前との差を詰めてピットイン周回数の戦略が違うクルマと順位が交錯する。落ち着いていて小康状態に見えるレース展開ではあるがライバル勢の戦略を読み解く将棋の詰めのような時間帯となった。だが90周あたりを超えた頃からヘイキのペースが芳しくない。
 
 曇り空で夕方になってきてコンディション変化の影響が顕著になってくる。ウエイトの軽いクルマに順位を奪われ12位に。我慢の走りを強いられるも何とか前に食らい付いていくヘイキは順位を11位に挽回。106周を終えて可夢偉にバトンタッチとなった。
第4スティント:可夢偉が意地の巻き返しでポジションアップ
 3回目のピットワークもミスなく安定感のある作業で2度目のステアリングを握った可夢偉を送り出す。ヘイキからのインフォメーションでタイヤ内圧など微調整を施して戦線に復帰し、ペースを戻していったDENSO KOBELCO SARD LC500。ラップダウンとなってしまったため、青旗が振られ自分のペースを落とさざるを得ない展開で、もどかしい状況にあっても、ひたすらに前を追いかける可夢偉。
 
 途中、軽いクルマに抜かれるも意地の巻き返しで順位を取り戻す気持ちの入った走りを続けた。そして、最後のピットインも予定通りほぼ均等割りとなる141周を終えてヘイキと交代すべくピットインを行った。

第5スティント:ヘイキが奮闘の11位フィニッシュ
 4回目のピットワークもほぼ完璧にきっちりとこなしヘイキを送り出す。すべてのピットワークでミスなく作業したメカニックの働きに応えるべく、ヘイキは厳しいハンディに苦しみながらも一旦落ちた順位を挽回するなど最後まで気合いを見せた。
 
 この第5戦はスピードに劣るもそれ以外の部分やピットワークでチームが一体となってタイムを削る健闘をみせたDENSO KOBELCO SARD LC500。GT500全車中で唯一の燃リス2ダウンと厳しいウエイトハンディに苦しみ、ドライバーポイントこそ得られなかったが次戦につながる奮闘振りをみせ11位フィニッシュとなった。
 ドライバーポイントは獲得ならず(計35点)、チームポイントでは2点を獲得(計46点)し、シリーズランキングはドライバー5位、チーム7位となった。タイトル争いの生き残りを懸けた次の第5戦は約1ヶ月半後となる9月15日(土)・16日(日)にスポーツランドSUGOにて開催される。

コメント
ヘイキ・コバライネン
「タフなレースになるだろうと分かってはいたけど、ポイントを取れずに非常に悔しいね。パワーを絞られたという点以外はポジティブなクルマの良い仕上がりであって、エンジニアやメカニックが本当に良い仕事をしてくれたと最初に公式練習走行を走って思ったんだ。公式予選でもトップに0.6秒差に収まり予想よりもギャップは少なかった」

「決勝では軽いクルマなどにやられてしまうのは仕方なかったけど、重くても速さを維持できるようにしていかねばならないと、改めてSUPER GTの難しさを感じたね。次のSUGOでは半分のクルマが燃リス2ダウン以上になるのだけれども、その中から抜き出れる様にインターバルの間にエンジニアらとセットアップについて突き詰めていくよ。次戦はファンの期待に応えられるレースを見せたいね」

小林可夢偉
「重いながらもクルマのフィーリング自体は良い状態でした。ただ、厳しいと聞いていた以上に燃リス1ランクダウンと2ダウンの差を特に決勝で感じました。ペースを維持するのが精一杯なほどで、何回か追いついて抜くことはできましたが長いストレートでは離されてしまいました」

「セクター2など影響が少ないところでは遜色ないタイムでしたし、データを見ても与えられた条件のなかでは最大限の力は出せたのかなと思っています。次のSUGOも厳しい戦いが予想されますが、引き続き熱いご声援をよろしくお願いします」

総監督 佐藤勝之
「結果としては非常に厳しい戦いになりました。ただそのなかでノーミス、ノーペナで戦えたのは残り3戦を戦う上でチームとしての力はあり、さらに強くなったと感じています。重くても速いクルマ造りは確かに重要ですが、このスーパーGTの規則のなか、シーズンを通じての戦い方で我慢のレースは必ずあります」

「ここまで5戦を戦って浮き沈みの激しい結果となっておりますが、しっかりと力強いチームの力を信じて残り3戦すべて高ポイントを得られるように立ち向かっていきたいと考えます。引き続き御声援のほどよろしくお願い申し上げます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します