現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1移籍が噂されるサインツ「アロンソに挑むのは最大の挑戦」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.9

マクラーレンF1移籍が噂されるサインツ「アロンソに挑むのは最大の挑戦」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年の去就が注目されるカルロス・サインツJr.は、グリッド上の誰にでも勝つことができるとしながらも、フェルナンド・アロンソに対しては苦戦するだろうと語った。 

 ルノーがダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグの起用を発表したことから、サインツはルノーのシートを失うことになった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 サインツにとって2019年に向けた選択肢は、レッドブル傘下に戻りレッドブル・レーシングでマックス・フェルスタッペンとともに戦うか、マクラーレンへ移籍して10代の頃からのアイドルであり友人でもあるアロンソのチームメイトになることだろう。

 そんなサインツは、チームメイトが誰であろうと必ず優位に立てる自信をみせる。しかし一方で、アロンソがチームメイトになる場合は一筋縄ではいかないだろうということを認めている。

「グリッド上にいる誰にだって僕は勝つことができる」とサインツ。

「僕のレーシングスピリットと競争力、そして自信が、誰に対しても優位に立てると僕に教えてくれるんだ」

「もしフェルナンドとチームメイトになった場合、グリッド上で最大の挑戦になることは確かだろうね。でも僕は何に対しても準備ができていると感じている」

 しかしながらアロンソ自身の将来も未定であり、2度のF1世界チャンピオンである彼はF1でのキャリアを終わりにして、別シリーズへ移るのではないかというのが大方の見方だ。

「もちろんカルロスは潜在的にドライバー市場に出ている状態だ。ルノーやレッドブルにおける彼の正確な状況はわからないが、彼がドライバー候補リストに載っていたら間違いなくドライバーシートを検討するだろう」とマクラーレンのザック・ブラウンは語る。

「もし彼が自由の身で、我々にシートがあったら、検討材料の上位に来ることは間違いない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します