現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、「パワーユニットのアップグレードがワークスより常に2戦遅れる」現状を嘆く

ここから本文です
スポーツ 2018.8.8

フェルスタッペン、「パワーユニットのアップグレードがワークスより常に2戦遅れる」現状を嘆く

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングはライバルのメルセデスやフェラーリと比べてパワーユニット/エンジンのアップグレードを入れるスピードの面で後れを取っていると嘆いた。

 レッドブルはルノーのカスタマーであるため、新しいパーツの導入が常にワークスチームより後になり、それがメルセデスやフェラーリと戦う上で不利になっていると、フェルスタッペンは考えている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ルノーワークスチームとカスタマーのマクラーレンは共にBPカストロールの燃料・潤滑油を使用しているが、レッドブルだけはエクソン・モービルを使っている。それもアップグレードを迅速に入れづらい要因のひとつとなっている。

「(パワーユニットに関して)新しいパーツが導入される場合、もちろんそれは最初にワークスチームの方に行く。それは当然だが、僕らにとっては残念なことだ」とフェルスタッペン。

「フェラーリやメルセデスはすぐに新パーツを導入することができる。カスタマーチームに提供する前に、彼らは1戦か2戦早く使えるというアドバンテージがある」

「僕らはいつだって2戦遅れているんだ」

「特に今は、(ルノーは)自分のワークスチームを持っている。だから僕らに関しては少し後れが出てしまう」

■「車体の面ではレッドブルはメルセデスとフェラーリに勝っている」とフェルスタッペン
 2019年にはレッドブルはパワーユニットをルノーからホンダに変更する。ホンダはトロロッソとレッドブルの2チームに供給することになり、その契約において“ワークス”という言葉は使われていないものの、レッドブルが現状よりも有利な形でパワーユニットの提供を受けることは間違いない。

 フェルスタッペンにとってそれは喜ばしい変化であるはずだ。しかし一方で、2018年シーズン後半のルノーとの関係はより難しくなるだろうことは覚悟しているという。

「僕らがホンダにスイッチすることが公表された。それが(今年残りのレースで)有利に働かない部分もあるだろう。でもそれは受け入れるしかない」

「マシンをしっかり開発していく必要がある。エンジンの部分は簡単にはいかない」

「車体の面では僕らは彼ら(メルセデスとフェラーリ)より優れている。車体では彼らの方が追う立場なんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pra*****|2018/08/09 07:10

    違反報告

    まあワークスとの供給差はどこもそれなりに有るからね
    燃料も違えばそういう所にも検証が必要と言われてるのだから仕方無いね
    早いシャシーがあろうとワークスでは無いのだから
  • ima*****|2018/08/08 21:06

    違反報告

    ルノーPUで残り9戦、リカルド絡みの事もある、穏便に行きたいね
  • pow*****|2018/08/09 19:50

    違反報告

    何を言っても改善できないものはできない。そうなるとこれは言い訳にしかならなくなってしまう。レースは勝ってナンボのもの。HONDAになれば解消できるから待つことでしょうね。変更してからバンバン勝てばいいこと。ただし勝てればの話ですが。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します