現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 怒号から笑顔に変わった11台抜きの3位表彰台。タイトル争いに名乗りを挙げたケーヒンNSXの『重くても強いクルマ』

ここから本文です
スポーツ 2018.8.8

怒号から笑顔に変わった11台抜きの3位表彰台。タイトル争いに名乗りを挙げたケーヒンNSXの『重くても強いクルマ』

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGT第5戦富士500マイル。酷暑のなかのサバイバル戦、夕暮れまでおよんだ富士500マイルでもっとも輝いていたマシンは、17号車のケーヒンNSX-GTだろう。

 予選直前の段階で「エンジンがかからない」トラブルが発生したケーヒンNSXは、14番グリッドからの決勝スタートとなったが、最終的には11台抜きを演じて3位表彰台へと登りつめた。土曜日の夕方には金石勝智監督の怒号がピット内を包んだが、そこからの大逆転劇だった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 開幕戦の優勝を見れば、軽い状態でのケーヒンNSXの速さに疑いの余地はない。しかし、第2戦以降、ひとたびウエイトを積むと、そのスピードは影を潜めポイントさえも取れないレースが続いていた。

 今回の富士に向けては、とくに苦戦が予想されていた。そもそも、富士とホンダNSXの相性はお世辞にも良いとは言えないうえ、ケーヒンNSXは実ウエイトがGT500で最重量となる50kgを積んでいたためだ。

 そんな中で、17号車は突如目を覚ました。「今回は『重くても強いクルマ』に仕上げることがテーマでした。ウエイトは50kg、さらに燃料満タンで約70kg。最大で合計120kgを積んでも戦えるクルマにしたかった」とはケーヒンNSXの田坂泰啓エンジニア。

 レース終盤、気温が下がってくるとNSXのタイムが相対的に上がってきたことに加えて、各スティントの終盤でも、ケーヒンNSXが驚異的なペースを保ち続けた理由は「硬めのタイヤを使いこなすセッティング」にありそうだ。

 土曜日にはお怒りだった金石監督も、レース後には「ドライバーもメカニックも、土曜日にトラブルがあったなかでここまで持ち直してくれた。昨日のトラブルがあって、逆に救われました。トラブルが出たことによっていろいろ変えることができて、いい引き出しを増やすことができました。耐久レースはチームの総合力が大事なので、チームとしてちょっとは強くなったのかなと感じましたが、これからまだまだ、強くなりたいですね」と笑顔でコメント。

 軽くても、重くても速いケーヒンNSXがタイトル争いに名乗りを挙げた。

■スーパーGT第5戦富士500マイル特集 オートスポーツ 1488号 8月24日発売



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • efn*****|2018/08/08 12:55

    違反報告

    ドライバー、チームの皆さんお疲れ様でした。
    応援しているチームなので嬉しい限りです。
    行って良かった。

    次戦も楽しみにしてます。
  • dor*****|2018/08/09 12:03

    違反報告

     皆頑張って開発すれば良いのに、ウエイト積んだり、変なハンディ付けたり全くフェアじゃないよ。
    勝ったから次のレースでハンディ付けるのおかしくなーい?付けるんなら予選終わって速いトップ3にウエイト積むとかさ。次のコースは不得意かも知れないじゃん。全く変なルールだよね。
     本当に強いのはどこなのさ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します