現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズF1、メルセデスとのギヤボックス契約を検討も、ハース&フェラーリタイプの広範提携には消極的

ここから本文です
スポーツ 2018.8.8

ウイリアムズF1、メルセデスとのギヤボックス契約を検討も、ハース&フェラーリタイプの広範提携には消極的

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズF1チームは、メルセデスからパワーユニット/エンジンに加えてギヤボックスの供給を受けることを検討中だ。
                                
 歴史あるF1チーム、ウイリアムズは自社ファクトリーでトランスミッションを製造してきたが、深刻な不振に陥っている今、同じメルセデスユーザーのフォース・インディアのような技術提携を2019年に結ぶことを考えている。

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは「それについて話し合っているところだ」と認めた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「彼らはエンジンクライアントだ。契約にギヤボックスを含めることは、そうたいしたことではない」

「今の段階ではサインはしておらず、手続きは何も行われていない。ウイリアムズのシャシーデザインはかなり進行しているので、今後数週間のうちに決める必要がある」


 チームとパワーユニットマニュファクチャラーとの契約にはさまざまなパターンがあり、ハースはフェラーリからパワーユニットの他に、レギュレーションで他チームから提供されることを禁じられていないさまざまなパーツの供給を受けている。

 しかしウイリアムズのチーフテクニカルオフィサー、パディ・ロウは、ハースのような契約を結ぶことには慎重だ。

「F1は常に変化している。フォース・インディアは早い段階でフルコンストラクター、つまり従来チームが行ってきたようにエンジン以外のすべてを作るという定義から外れることを決めた」

「ギヤボックスを他社から供給されるチームは増えてきた。そして今、ハースは、(他チームから提供されることを禁じる)リストに載っていない、すべてのものに関して供給を受けている」

「我々はすべての可能性を真剣に検討していく。時代の変化とともに、チームのパフォーマンス向上にとって何が最善かを判断する必要があるからだ」

「だが、ウイリアムズは独立したコンストラクターとして活動するという根強い文化を持っている。パーツにも責任を持ち、自社で製造しているのだ」

「自社で製造する能力があるからであり、それを誇りに思っている。この状態を劇的に変えることはないだろうが、あらゆる選択肢を見守っていく」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します