現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【SUPER GT 第5戦】GT300クラスはARTA BMW M6 GT3が圧巻の富士戦3連勝…高木真一は単独最多の通算20勝目を達成

ここから本文です
スポーツ 2018.8.6

【SUPER GT 第5戦】GT300クラスはARTA BMW M6 GT3が圧巻の富士戦3連勝…高木真一は単独最多の通算20勝目を達成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5日に決勝レースが行なわれたSUPER GT第5戦、GT300クラスは予選2位のARTA BMW M6 GT3が優勝した。昨夏、今春に続く富士戦3連勝で、高木真一&ショーン・ウォーキンショーは今季ドライバーズポイント首位に浮上。高木はGT300通算20勝への初到達も果たしている。

マシン特性的に大得意とする富士で、予選は2位に甘んじた#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一&S. ウォーキンショー/タイヤはブリヂストン=BS)。しかし決勝では圧倒的な強さを存分に発揮してみせる。序盤のうちに首位に立つと、あとは後続を寄せつけない内容で500マイル、約800kmという長丁場の一戦をものにした(混走のGT500クラスがゴールした時点でレースが終わるため、GT300は実走距離750km弱で決着)。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

#55 BMW M6は今季第2戦富士以来の勝利で今季2勝目、富士戦は昨夏から3連勝となった。しかも300km、500km、800kmと、いずれも異なる決勝レース距離設定で勝ちを重ねてきたことになる。

ウォーキンショーは「前戦のタイが残念な展開だっただけに、ここで流れを取り戻したかった。今日はファンタスティックなレースだったよ」と振り返って喜ぶ。高木は「タイではショーンが2位を走っている時に不運にもスローパンクチャーがあったんですが、それだけにチーム一丸となってマシン的に得意な富士に臨み、今回は最低でも表彰台に乗らないとチャンピオン争いから外れてしまう、という思いで戦いました。ブリヂストンを含めて、チームがいいクルマをつくってくれました」と陣営への感謝を語っている。

前戦タイで好走しながらも入賞圏外の11位に終わったことで、獲得総ポイント連動のウエイトハンデが増えずにM6が得意とする富士を戦うことになった、という構図もあったわけだが、仮に前戦で2位になって30kg増となっていたら「いくら富士でも今回勝つのは難しかったかもしれません」との旨を高木は示している。そういう流れも含めて、M6は富士で勝つことを宿命づけられているかのようだ。

これで高木はGT300クラス史上初の通算20勝目。かつての僚友であり、今は良きライバルの新田守男との激しい最多勝争いにまた一歩抜け出し、先に20勝の大台に到達した。そして高木とウォーキンショーは今季ドライバーズポイントランキング首位に立っている。

28台が出走したGT300クラス、決勝2~5位は以下の通り。#55 BMWには圧勝されたが、ポール発進の#25 HOPPY 86 MCを含め、やはり上位には強いところが確実にきている印象だ。

2位 #0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝片岡龍也/ヨコハマ=YH)

3位 #31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀&平手晃平/BS)

4位 #65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹&蒲生尚弥/BS)

5位 #25 HOPPY 86 MC(松井孝允&坪井翔&近藤翼/YH)

(*予選日のフリー走行でGT500マシンの#38 ZENT CERUMO LC500にブレーキトラブルが発生したことを原因とするアクシデントに遭遇したGT300マシン、#34 Modulo KENWOOD NSX GT3は予選~決勝を欠場。#38 LC500は懸命の修復で決勝出走が叶い、GT500クラス8位に入賞した)。

GT300クラスのドライバーズポイントランキングは#55 BMWの高木&ウォーキンショーが51点で首位、2番手の#31 プリウス 嵯峨&平手を6点、3番手の#65 メルセデス 黒澤&蒲生を12点、それぞれリードする形勢となった。なお、次の第6戦まではウエイトハンデがポイント×2倍の原則だが、#55 BMWは実行上限の100kg搭載になる(GT300はすべて重量として積む。燃料リストリクター調整による一部振りかえはGT500のみ)。

レース結果既報のGT500クラスについてもドライバーズポイントランキングの状況に触れておくと、富士500マイルを1-2で制したTOM'S勢がこちらも1-2を占めることになっている。ランク首位は今回2位だった#1 レクサスLC500の平川亮&N. キャシディで47点。そして今回はピット作業でのロス等もありながら、それをはねかえす力走で幸運も味方につけつつ勝った#36 レクサスLC500の関口雄飛が40点でランク2位(僚友の中嶋一貴はWECとの日程重複で欠場があり、ポイントが異なる)。ランク3位には同じく40点で#100 ホンダNSXの山本尚貴&J. バトンがつけている。13点差に8陣営がひしめく混戦だ。

SUPER GT第6戦は9月15~16日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。多少涼しくはなる時期かもしれないが、両クラスともタイトル戦線は一層加熱しそうな様相である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 遠藤俊幸)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します