現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最終周最終コーナーまで大激戦。オリベイラがロッシ弟のマリーニを下して優勝|MotoGPチェコGP Moto2クラス決勝

ここから本文です
スポーツ 2018.8.5

最終周最終コーナーまで大激戦。オリベイラがロッシ弟のマリーニを下して優勝|MotoGPチェコGP Moto2クラス決勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGPチェコGPのMoto2クラス決勝が行われ、ミゲル・オリベイラがロッシの弟ルカ・マリーニとの激戦を制して優勝を果たした。

 ポールポジションからスタートしたのはルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)。バレンティーノ・ロッシの弟である。しかし、ホールショットを奪ったのはマルク・マルケスの弟であるアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)。マリーニは一瞬前を奪ったが、マルケスが再び首位に浮上する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 後方では、ジョアン・ミル(EG 0,0 Marc VDS)やレミー・ガードナー(Tech 3 Racing)、ボウ・ベンドスナイデル(Tech 3 Racing)の3台が絡むクラッシュが発生した。

 2周目には一時”弟”ふたりを交わしてランキング首位のフランチェスコ・バニャイヤ(SKY Racing Team VR46)がトップに立つも、マリーニがバニャイヤとマルケスを抜いて先頭を取り戻す。ただ、バニャイヤのペースは速く、再び首位浮上。Red Bull KTM Ajoのミゲル・オリベイラも3番手に上がってきた。

 5周目、マリーニが再び首位に立つと、一瞬の隙を見逃さずに、オリベイラもバニャイヤをオーバーテイクし2番手に上がる。オリベイラは7周目の1コーナーでマリーニも交わしてついに首位に立つが、マリーニは諦めず……抜きつ抜かれつの激戦となった。

 激しい三つ巴の争い。ここに、一時後退していたマルケスが追いつき、オリベイラを抜いて3番手に上がったが、9周目の最終コーナーでまさかの転倒。リタイアとなった。

 12周目、上位争いに加わってきたのがロレンソ・バルダッサーリ(Pons HP40)。まずはオリベイラを抜いて3番手に上がると、続く13周目にはマリーニをも交わして2番手に浮上。さらにはバニャイヤも抜いて一気に首位に立った。また14周目にはオリベイラがSKY Racing Team VR46の2台を一気に交わして2番手、バニャイヤは4番手に落ちた。

 16周目、オリベイラがバルダッサーリを抜いて首位に浮上。バルダッサーリの後ろにはマリーニ、バニャイヤが食らいついている。優勝争いは、4台に絞られた。

 17周目にはマリーニがバルダッサーリを抜き、2番手浮上。さらに18周目にはバニャイヤも3番手に上がった。ただ、この周の後半にはミスを犯し、バルダッサーリに抜き返されるようになった。

 そして迎えた最終ラップ。オリベイラはターン1で膨らんでしまい、マリーニが首位に立つ。オリベイラはリヤに食らいつき、プレッシャーをかけ続けていく。最終セクターでふたりはコーナーごとにポジションを入れ替える激しすぎる展開となった。

 しかし結局はオリベイラがこの闘いを制し、勝利を収めた。これでオリベイラはランキング首位に浮上。マリーニは自己最高位の2位。バニャイヤが3位になった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します