現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハッキネン「ベッテルのドライビングスタイルはシューマッハーと通じるものがある」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.5

ハッキネン「ベッテルのドライビングスタイルはシューマッハーと通じるものがある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2度のF1世界チャンピオンであるミカ・ハッキネンは、セバスチャン・ベッテルのドライビングスタイルを観察すると、7度の世界チャンピオンに輝き、自身の強力なライバルだったミハエル・シューマッハーを彷彿させる部分が多く見られると述べている。


 ハッキネンとシューマッハーは、それぞれマクラーレンとフェラーリを代表して多くの素晴らしい戦いを繰り広げたが、ハッキネンによれば、偉大なシューマッハーの同国人であるベッテルを見ていると、かつてのライバルのことを思い出すのだという。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「セバスチャンのドライビングスタイルは独特だとまず思うが、そこにはミハエルに通じるものがあるんだ」とハッキネンはSpeedweekに語った。

「彼は常に同じポイントでブレーキをかけ、同じラインを辿る。慎重に加速を行い、すべてを制御している」

「非常に優れていて、明確で、着実かつアグレッシブなドライビングスタイルだ。縁石を乗り越えるところでさえ、彼は常にマシンを制御している」

 ハッキネンは、今年のタイトル争いにおけるベッテルの最大のライバル、ルイス・ハミルトンも評価し、彼も同じように制御されてはいるものの、より思い切ったスタイルを持っていると考えている。

「ルイスは常により思い切った走行をしようとしている。非常によく制御しているが、限界までマシンをよりプッシュし、より多くのリスクをとっている」

「だが不注意な面はなく、彼は意識的に判断をしている。コースアウトしなければ、彼の努力から素晴らしいラップが生み出される。そのようなリスクをとることはできるが、常にはできない。そうしたらいつかスピンを喫してしまう」

 ハッキネンは2018年のレース内容を楽しんでいると語り、各レースが不確実性をはらんでいることや、若手ドライバーが優れた役割を果たしていることを強調した。

「F1は長いことエキサイティングなものではなくなっていた」

「(ニコ・)ロズベルグとハミルトンの対決は決して面白いものではなかったし、ひとつのチーム内での争いのせいでファンの数が減ってしまった」

「今ではメルセデスとフェラーリが対決しており、それに加えて(マックス・)フェルスタッペンのような若い才能もいる。今、F1はエキサイティングなものになっているよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します