現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、夏休み明け後の巻き返しを誓う「今年のフェラーリにはまだポテンシャルがある」|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.8.4

ベッテル、夏休み明け後の巻き返しを誓う「今年のフェラーリにはまだポテンシャルがある」|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今季のF1前半戦最後のレースであるハンガリーGPを2位で終えた。この結果、メルセデスのルイス・ハミルトンに、ランキング上で24ポイントの差をつけられることになった。またコンストラクターズランキングでも、フェラーリはメルセデスに対して10ポイントの遅れを取っている。

 今季のフェラーリは、シーズンが進むにつれてシャシーとエンジンの面で強力な進歩を遂げた。そしてベッテルも、それらの強力な武器を得て、タイトル争いをリードするはずだった。しかし、ドイツGPではレースをリードしながらまさかのクラッシュで無得点に終わり、ハミルトンに勝利を献上する形になってしまった。またハンガリーGPでも、ピットストップのミスが遠因となり、再び勝利を逃し、前述のようにハミルトンに大きなリードを許すこととなった。

    「新たな挑戦をする時が来た」リカルド、ルノー移籍に際し決意を語る

「これまでにも見てきたように、今年は振り子があっちに行ったり、こっちに来たりするようだね」

 今季のタイトル争いについて尋ねられたベッテルは、motorsport.comに対して次のように語った。

「もしそうなら、一貫性を保つのが重要だ。僕はドイツで、それをすることができなかった。でも、それもレースの一部だと思う。そういうことは起こり得るんだ」

「チャンピオンシップを獲ることができなかった昨年は、シーズン終盤でマシンは十分に速くなかった」

「今年はリタイアがあったにもかかわらず、僕らのクルマは効率的だし、より強くなっている。未だに多くのポテンシャルを秘めているんだ」

「これから計画されているモノについても、かなり自信があるし、まだ改善していくことができる。今年の後半戦は、エキサイティングなモノにならなきゃいけない」

 昨年のハンガリーGPは、ベッテルが制した。その結果、ベッテルはハミルトンに対して、14ポイントのリードを築いて夏休みを迎えた。しかしフェラーリは後半失速、タイトルを獲得することができなかった。

 一方のハミルトンは、夏休み明けから3連勝。その後日本とアメリカでも勝利し、タイトル獲得に繋げた。

 しかしハミルトンは、シーズンを支配できているようには”絶対に”感じなていないと主張する。

「そう言うには早すぎる」

 そうハミルトンは語った。

「まだまだ長い道のりが残っている。色々なことが起こり得る。本当に重要なことは、プレッシャーを感じ続け、これまでのような仕事を続けていくことなんだ」

「何かを変える必要はない。僕らの仕事に対する概念は非常に強固だし、チームの士気もこれまで以上に向上していると思う。精神力も、これまで以上に優れている」

「この前のレースでは、彼らは予選で僕らから少し離されたようだった。しかしドライだったら、彼らは速かったはずだ」

「僕は本当に、何を予想していいのか分からない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yuk*****|2018/08/05 02:59

    違反報告

    今年の2強プラス1(レッド)で最後までもつれて楽しませて欲しいですね
    ハミルトンとベッテルどちらがNO1ドライバーか
    どちらのメンタルがつよいのか?
    どちらが運を味方にするか
    楽しみです。
  • teu*****|2018/08/05 18:43

    違反報告

    マシンのポテンシャルは高いかもしれないけどチームもベッテルもつまらないミスが多い。
    そりゃ運も逃げていく。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します