現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Modulo NSX GT3の道上「立川とお互い、大きな怪我がなくて良かった」と話すも、マシンは「全損」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.4

Modulo NSX GT3の道上「立川とお互い、大きな怪我がなくて良かった」と話すも、マシンは「全損」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGT第5戦富士の練習走行で起きたZENT CERUMO LC500立川祐路とModulo KENWOOD NSX GT3の道上龍との大クラッシュ。2人ともサーキットのメディカルセンターに運ばれ、幸いにも大きな怪我はなかったもののクルマの損害は大きかった。ZENTは予選を欠場する見込みで、Moduloは今回のレース出場は厳しい状況。道上に状況を聞いた。

 土曜日午前の練習走行開始から34分を過ぎたとことで、1コーナーのブレーキング入った立川はスピン状態になり、前を走行していた道上の後方に衝突して両者のマシンは大破。セッションは赤旗中断となった。道上はGセンサーが作動してすぐにマシンを降りることができず、マーシャルの確認後、担架でメディカルセンターに搬送されて検査を受けた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 幸い、道上に大きな怪我はなかったが、大破したマシンのダメージは予想以上に大きかった。

「体は大丈夫ですけど、だんだん、背中が痛み出してきました。やっぱり、どこか体を打っているんですね。首はいまのところ大丈夫です。立川とお互い、大きな怪我がなかったのが良かったです。不可抗力というか、アクシデントというか、相手もアクシデントを抱えていたので仕方ないですね」

 予選セッション前には、御殿場市内の病院から戻った立川が道上の元へ謝罪に訪れ、立川の肩を叩いて励ました道上。クラッシュの状況について聞いた。

「今回、本当に調子がいい状況でしたので、早めにタイヤ評価をしようと2セット目のタイヤを履いてコースインした矢先でした。あの時、後ろから立川が来ているのは知っていましたので、アウトラップの僕はアウト側のラインを空けていましたが、すごいインパクトでした。当たった角度とインパクトの大きさと、僕が今まで感じたことのないほどの後方からの大きなダメージでした」

「とにかくインパクトがすごくて、腰、肩、骨がどこか折れたと思いました。その瞬間、いろいろなことが頭を過ぎりました。それからは職業上なのか、『クルマ大丈夫かな』『レースに出れるかな』と、気持ち的には体のダメージよりもクルマのダメージの方を気にしていましたね」

 今回の富士戦は欠場することになったが、道上は同じマシンで参戦する、今月末に開催される鈴鹿10時間耐久レースのエントリーに向けて懸念する。

「案の定、クルマのダメージが大きすぎて、クルマのフレームにもダメージがあるので全損ですね。ちょっと、10耐(鈴鹿10時間耐久レース)の出場も危うい状況ですので、これからいろいろな方と話し合いをしないといけないですね。まさか、全損になるとは考えていませんでした。夢であってほしいと思いますね」

 その後、ホンダ関係者に聞いたところでは鈴鹿10耐に向けて、なんとか参戦する方向という情報を聞いた。道上の体の負傷とともに、心の痛みも和らぐことを祈りたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します