現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:富士500マイルが開幕。公式練習は両クラスともニッサンGT-Rが最速

ここから本文です
スポーツ 2018.8.4

スーパーGT:富士500マイルが開幕。公式練習は両クラスともニッサンGT-Rが最速

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGT第5戦富士は8月4日、富士スピードウェイで公式練習が行われ、スーパーGT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムをマーク。GT300クラスはGAINER TANAX triple a GT-Rがトップタイムだった。

 前戦の第4戦タイからは約1カ月ぶり、国内での開催は5月の第3戦鈴鹿以来となったスーパーGT。戦いの舞台は霊峰富士の麓に位置する富士スピードウェイだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 この第5戦富士は通常のレースや第2戦富士と異なる500マイル、約800キロで争われる1戦。2018年から鈴鹿1000kmがシリーズ戦から外れたため、この富士500マイルがシリーズ最長の戦いとなる。

 そんな長距離戦に向けた公式練習は4日、8時40分にスタート。青空が広がり、気温28度、路面温度35度というコンディションのなか幕を開けた。

 セッション序盤はクラッシュなど大きな混乱はなく順調に推移。スタートから20分が経過した時点ではMOTUL AUTECH GT-R、フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R、au TOM'S LC500といったトップ3となっている。

 セッション開始から30分が過ぎた9時13分ごろ、TGRコーナー(1コーナー)でZENT CERUMO LC500がフルスピードのまま1コーナーイン側のランオフへ飛び込むと、ターンインしようとしていたModulo KENWOOD NSX GT3にスピン状態で激突。2台とも1コーナー外のグラベルまで弾き飛ばされる大クラッシュが発生した。

 このクラッシュでZENT LC500はフロントとリヤが大破した上にフロントから出火、ドライブしていた立川祐路は自力でマシンを脱出している。またModulo NSX GT3もリヤに激しいダメージを受けてしまった。

 セッションは即座に赤旗中断となり、ドライバー救出と車両回収、コース上に散乱したデブリの処理が行われることに。一連の作業が終わり、セッションは9時30分に再開された。

 セッション再開後はMOTUL MUGEN NSX-GTがピットレーン出口でマシンを止めたほかは大きなトラブルはなかったものの、9時53分、GULF NAC PORSCHE 911の左フロントタイヤがバーストし、ホームストレート上のランオフエリアでストップ。車両回収のためにふたたび赤旗が掲示された。

 マシン回収が終わり、10時1分に走行再開。また、2度の赤旗中断があったため、混走時間が当初の予定より10分延長されることがアナウンスされた。これによりGT300クラス専有走行は10時15分から、GT500クラスの専有走行は10時25分から行われることに。

 そして10時15分、まずはGT300の専有走行に突入したが、各チームともロングランを重点的に行なっているようで大きくタイムアップを果たす車両はなし。GAINER TANAX triple a GT-Rがトップ、2番手にARTA BMW、3番手にModulo NSX GT3がつける形となった。

 なお、クラッシュしたModulo NSX GT3はエンジンなどを積んでいるリヤが大破したため、週末の修復は絶望的。セッション中、インタビューに応じた道上は「鈴鹿10時間までに直せればと思います」とコメントしている。

 10時25分からはGT500の専有走行となったが、こちらもロングラン重視の走行となったようで、セッション終了間際までタイムアップを果たす車両はなし。最後のアタックで松田次生操るMOTUL GT-Rが1分29秒420まで自己ベストを短縮したほか、CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rが2番手、フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが3番手とニッサン陣営がトップ3を独占する形となった。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します