現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:2019年の日本ラウンド開催はほぼ確定か。11月開催でタイトル決定戦となる可能性も

ここから本文です
スポーツ 2018.8.3

WRC:2019年の日本ラウンド開催はほぼ確定か。11月開催でタイトル決定戦となる可能性も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おめでとう、日本」

 WRC世界ラリー選手権第8戦、ラリー・フィンランドの現場で、とあるWRC大会関係者から声をかけられた。てっきりトヨタ優勝のことかと思ったら、彼は「日本の2019年WRCカレンダー入りが決まったようだね」と握手を求めてきた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 その関係者によれば、WRCプロモーターは19年のカレンダー草案を作成し、そこには日本も含まれているという。今年1月にはWRC日本ラウンド招致準備委員会が発足し、2019年のWRC日本開催を目指すと宣言。

 その後、準備委員会のメンバー数名がWRCラリー・ポルトガルを訪れるなど、WRCプロモーターとの交渉は進んでいた。そして、現時点でまだ正式発表はないものの、どうやら2019年のカレンダー入りがほぼ確実になったようだ。

 前出の関係者の情報によれば、2019年新たに加わるイベントは、日本とチリの2戦。そのかわりに1~2戦がカレンダーから外れ、年間開催イベント数は現在と同じの13戦か、1戦増えて14戦になるという。

 外れる可能性がもっとも高いのはフランスのツール・ド・コルスで、ほかにドイツと、今年ひさびさにWRCが開催されるトルコもドロップアウトライン上にある。

 集客力に問題があり、遠征費用もかさむオーストラリアがカレンダー落ちするのではと噂されていたが、どうやらオーストラリアは生き残りに成功したようだ。

 また、政府が招致に乗り気だったクロアチア、ケニア(サファリラリー)も、現時点では2019年カレンダーに入っていない模様。ただし、2020年以降については含まれる可能性もあり、その場合はヨーロッパ圏のイベントがさらに1、2戦落ちることになるかもしれない。

 2019年カレンダーの草案を頭から見ていくと、モンテカルロ、スウェーデン、メキシコという序盤の3戦については変わらない。しかし、その後はフランスが外れ、4月のイースター休暇明けにチリが入る。

 そこから2週間のインターバルを経て、同じ南米でアルゼンチンが開催。ロジスティクスを考えると合理的な流れだ。そしてポルトガル、イタリアという南欧グラベル戦で前半戦は終了。サマーブレイクを挟み、フィンランドで後半戦が始まる。

 今年のカレンダーではその後ドイツ、トルコと続くが、この2戦のどちらか、もしくは両方がなくなる可能性もある。シーズン最終戦を飾っていたオーストラリアは8~9月に移り、9~10月にはスペインが行なわれる。   

 そして、11月上旬に愛知県や岐阜県など中部地方で、WRC日本戦がターマックラリーとして開催される。シーズンの締め括りはイギリス(GB)となるが、時期的に日本がタイトル決定戦の舞台となる可能性もある。

 2019年日本開催が本当に決まったのならば、今後ルート設定など早急にフィックスしなくてはならない。コースの監修については、ミッコ・ヒルボネンの元コドライバーで、現在はWRC2で新井大輝と組むヤルモ・レーティネンが担当しているなど、準備は急ピッチで進んでいるようだ。続報を待ちたい。

RoundNoteモンテカルロスウェーデンメキシコツール・ド・コルス外れる可能性大イースター休暇チリNEW、4月下旬?2週間のインターバルアルゼンチンポルトガルイタリアサマーブレイクフィンランドドイツ外れる可能性大トルコ外れる可能性大オーストラリアスペイン日本NEW、11月下旬?GB


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します