現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Team KAGAYAMA 鈴鹿8時間耐久ロードレース レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.8.3

Team KAGAYAMA 鈴鹿8時間耐久ロードレース レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会レポート
≪ケビンとともに目指したチェッカーフラッグ≫

■大会名
2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

■開催日
[公式練習]2018年7月26日(木) 天候:晴れ/コース:ドライ
[フリー走行・予選]2018年7月27日(金) 天候:晴れ/コース:ドライ
[フリー走行・TOP10トライアル]2018年7月28日(土) 天候:曇り/コース:ドライ
[決勝]2018年7月29日(日) 天候:晴れ/コース:ドライ・ウエット

■開催場所
三重県・鈴鹿サーキット(1周=5.821km)

■観客動員数
11万1000人(4日間合計)

■ライダー
加賀山就臣/ジョー・ロバーツ/浦本修充

■マシン
SUZUKI GSX-R1000

■結果
[公式練習]14番手(Best Time 2分10秒166/加賀山就臣)
[予選]13番手(2分09秒237)
[決勝]11位/194周

 2013年にケビン・シュワンツを招集し、Team KAGAYAMAの鈴鹿8耐チャレンジは、スタートしました。

 2018年、6回目の鈴鹿8耐は、“U.S.A.”をコンセプトにふたたびケビンとタッグを組み、ライダーには、Moto2クラスに参戦中のアメリカンライダー、ジョー・ロバーツを招集し、“Team KAGAYAMA U.S.A.”としてエントリーしました。ジョーと浦本は、レーススケジュールの問題で事前テストには、フルで参加できなかったものの、加賀山がダンロップさんと準備を進めて来ました。

 レースウイークに入り台風12号が発生。何と日本列島を東から西へ進路を取る異例の台風が、週末にかけて接近する予報となっていました。初日の公式練習では、ドライコンディションでの走り込みが足りないジョーと浦本を優先的に走らせ、レースを見据えてマシンセットを進めて行きます。

 金曜日の公式予選でも決勝用タイヤで臨みますが、想定したコンディションよりも気温が上がってしまい、思っていたほどタイムを詰めることができず加賀山、浦本が2分09秒台。チームベストとなる2分08秒843をジョーが記録。
 
 予選順位は、3人のベストタイムの平均となるため、2分09秒237で13番手と初めてTOP10トライアル進出を逃す結果となってしまいます。それでも決勝でのアベレージタイムは、3人ともそろっており、周りを見ても、予選のタイム差ほど差はない状況と分析していました。

 決勝日は、朝方までに台風12号は、西に抜けたものの、その影響は残り、スタート直前に雨が落ちて来ます。スタートライダーは、加賀山が務めることは決まっていました。不安定なコンディションでの走りは、折り紙付きな加賀山だけに、スタートダッシュが期待されました。しかし、ル・マン式スタートの際、エンジンの始動が悪くやや出遅れてしまいます。
 
 そのなかで冷静にポジションを上げて行き、オープニングラップを8番手で終えると、4周目には5番手にポジションを上げます。一時6番手に下がるものの、ふたたび抜き返し5番手を走っていました。その後、路面は乾いて行きピットインし、加賀山からジョーにバトンタッチします。 
 初めて鈴鹿8耐を走るジョーは、健闘していましたが、2輪専用シケインで転倒してしまいます。マシンのダメージは少なく、再スタートしてピットに戻ってきます。メカニックは、マシンを修復し、浦本がピットアウトして行きますが、35番手までポジションを落としていました。

 その後、アクシデントや急な降雨がありセーフティカーが介入。加賀山は、セーフティーカー解除から不安定なコンディションでの強さを見せ、トップを走るライダーと互角の走りを披露します。3人とも100%の走りを続け、チームスタッフもノーミスでピット作業をこなしバックアップ。トップ10以内を目指し、追い上げて行きましたが11位でチェッカーフラッグを受けました。

レース後コメント
加賀山就臣
「6回目の鈴鹿8耐のコンセプトは“U.S.A.”チーム名も“Team KAGAYAMA U.S.A.”としてエントリーしました。総監督には、みんなのヒーローであり、ボクのヒーローでもあるケビン・シュワンツを迎え、ライダーにMoto2クラスを走っているアメリカンライダー、ジョー・ロバーツ、そしてスペインで武者修行中の浦本修充、そして加賀山というラインナップで臨みました」

「事前テスト、レースウイークと常に決勝を見据えてタイヤをチョイスし、マシンセットを進めて行きました。ジョーの転倒は、鈴鹿の経験値から来たものなので仕方がないですね。そこからは、気持ちを切り換えてトップ10を目指してチーム一丸となって追い上げました」

「結果は、11位とひとつだけ届きませんでしたが、これもレース。今年も多くの皆さんの支えのおかげで8時間を戦い抜くことができました。本当にありがとうございました」

ジョー・ロバーツ
「初めて鈴鹿8耐に参戦しましたが、信じられないほど、すばらしいレースだと思いました。チームはプロフェッショナルですし、実際パーフェクトな仕事をしてくれていました」

「他のライダーの走りを見て、同じラインを通ったところ転倒してしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。ボスのユキオ、そしてケビンと一緒に参戦できた鈴鹿8耐は、ボクのライダー人生にとって貴重な経験になりました。また来年、チャンスがあればぜひ参戦したいですね」

浦本修充
「今年も鈴鹿8耐に参戦させていただき、とても光栄でした。もっとチームに貢献したかったのですが、そんな気持ちと走りが噛み合っていなかったと思います。ドライコンディションでの走行時間が少なかったことでリズムをなかなかつかめず、それが最後まで響いてしまった感じです。ただ、決勝中に、つかんだこともあるので、この経験をシーズン後半戦、そして来シーズンにつなげて行きたいですね」

ケビン・シュワンツ総監督
「また鈴鹿に戻って来られてうれしいよ。ジョーの転倒は、鈴鹿の経験値の問題だったと思う。3人ともつねに100%の走りでプッシュできていたし、チームスタッフもミスなく動いてくれたので感謝している」

「初めて監督と言う立場で鈴鹿8耐に参加したけれど、2013年に走ったときの方が、はるかに楽だったね。その場、その場で最終的に決断判断しなければならない場面など、やってみて初めて大変なことが分かったからね。ただ、貴重な体験になったし、声をかけてくれたユキオに感謝したいね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します