現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グランプリのうわさ話:ルノーF1、オコンとの契約を夏季休暇期間中に発表か

ここから本文です
スポーツ 2018.8.3

グランプリのうわさ話:ルノーF1、オコンとの契約を夏季休暇期間中に発表か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ルノーはカルロス・サインツJr.を手放し、来シーズン開幕からエステバン・オコンをその後任に据える可能性があることを認めている。チームはハンガロリンクで、オコンおよび彼のマネジメント担当、また現在契約を有するメルセデスとの交渉を行なっていることを明らかにした。

 ハンガリーGPの週末、メルセデスのトップであるトト・ウォルフはオコンの将来の妨害はしないとの意思を示し、彼が将来的にメルセデスのドライバーになる可能性が低いことをほのめかした。パドックでは、オコンとルノーとの契約は2020年までであり、夏季休暇期間中に発表されるとも噂されている。

 これによってカルロス・サインツJr.は難しい立場に立たされている。マクラーレン移籍が最も可能性の高い動きであると考えられるが、彼はザウバーとの交渉についてもオープンにしており、マーカス・エリクソンのシートを狙っているとの見方もある。

 これは、もうひとつのシートにはシャルル・ルクレールが残留するか、フェラーリのジュニアドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが収まる可能性が高いためである。

続きはF1速報WEBで掲載中
■フォース・インディアの新オーナーはベルギーGP前に決定か
 破産申請をしたフォース・インディア。チーム買収には5つの企業が名乗り出ているという…

■バーレーンでのプレシーズンテスト開催案に5チームが反対
 2018年2月のバルセロナテストが雪に見舞われたことで、2019年はバーレーンでのテスト開催が噂されていたが、フェラーリ系3チームを含む5チームが反対した。




  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • abo*****|2018/08/04 14:32

    違反報告

    別の次元にいるかのようなタイミングの悪い記事だ。
    昨日リカルドの移籍、ヒュルケンとのコンビになるとが公式に発表されたのに。
    オコンは相当可能性低かったのに、発表前の配信だったのかもしれないが、この時期にないわー
  • s_r*****|2018/08/03 12:41

    違反報告

    ジェームスキー絡みで、バンドーンの処遇についてマクラーレンとホンダの間で協議されていたって報道もあったな。
    もしや来期ハートレーに代わってバンドーンがトロロッソ?
  • mog*****|2018/08/03 20:17

    違反報告

    しかし、日本人の名前すりゃ無いな。(悲)水面下で進んでいたら良いなぁ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します