現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 悔しい……2位表彰台Team HRCの高橋巧&中上貴晶「来年こそ”打倒ヤマハ”」|鈴鹿8耐

ここから本文です
スポーツ 2018.8.3

悔しい……2位表彰台Team HRCの高橋巧&中上貴晶「来年こそ”打倒ヤマハ”」|鈴鹿8耐

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで行われた2018“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会。10年ぶりに復活を果たし、注目を集めたホンダのワークスチーム「Team HRC」の#33 RedBull Honda with 日本郵便は2位表彰台を獲得したが、ライダーを務めた高橋巧、中上貴晶、パトリック・ジェイコブセンのレース後の表情は、悔しさに満ち溢れていた。

 スタート前に突然雨が降り、ウエットコンディションの中でレースが始まった今年の鈴鹿8耐。その中で鈴鹿でのウエット経験が豊富な高橋が1周目からトップに浮上。そのまま第1スティントをリードした。

    ヤマハは8時間を2人で走行。ファン・デル・マークとローズに”過酷”なミッション

 しかし雨が止んで路面が乾き始めると、#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMと#11 Kawasaki Team GREENが追い上げを開始。レース中盤は完全にこの2チームのトップ争いとなってしまった。

 後半にはセーフティカー時のピットストップの関係で、#33 RedBull Honda with 日本郵便が一時トップに浮上するも、最終的には#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの逆転を許し、30秒も引き離されての2位チェッカーとなった。

 レース後の記者会見に登場した#33 RedBull Honda with 日本郵便の3人に笑顔はなかった。

「悔しい気持ちしかなくて……何を言っていいか正直分からないです」

 そう語ったエースの高橋。#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMとの力の差を見せつけられ、相当落胆した様子だった。

「スタート前に雨が降ってきたりして、コンディションも安定しないレースで大変でしたが、(第1スティントは)もうちょっと自分もハイペースで周回して、しっかり差をつけた状態でバトンを繋ぎたかったです」

「前半の4時間のうちの3時間を(自分が)走って、その後は2人に任せてしまった状況でしたが、そういうところでも、もうちょっと自分が引っ張っていければなと思いました」

「自分が作った完成しきっていないバイクで、2人も乗りづらかったと思います。また来年乗れる機会があるようだったら、もっとしっかり準備をして、万全の体制で挑めるようにしたいです」

 また今年も高橋と組んで中心メンバーとなった中上も、いつになくコメントにまとまりがない様子だった。それだけ、今回の結果は“とても悔しい2位”ということだったのだろう。

「昨年は自分が転倒してしまったので、自分自身はリベンジの気持ちもありました。そういった中で3人ともベストを尽くせたのは良かった点だったと思いますが、2位で終わってしまったので悔しい気持ちの方が強いです」

 中上も来年の鈴鹿8耐に参戦するかどうかは決まっていないが、もし参戦できるチャンスがあれば、「打倒ヤマハ」をテーマにすると語った。

「今年HRCが10年ぶりに復活したというのは良かったことだと思いますし、来年またチャンスがあれば、『打倒ヤマハ』で戦いたいなと思っています」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します