現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC:ニッサンエンジン搭載のバイコレス、エアロチェックのためスパでテスト実施へ

ここから本文です
スポーツ 2018.8.3

WEC:ニッサンエンジン搭載のバイコレス、エアロチェックのためスパでテスト実施へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018/19年WEC世界耐久選手権に参戦しているバイコレス・レーシング・チームはシリーズ後半戦で使用するハイダウフォース仕様のエアロパッケージを試すため、8月8日にベルギーのスパ・フランコルシャンでテストを実施すると発表した。

 今季のWEC“スーパーシーズン”のLMP1クラスにエントリーしているバイコレスは、ニッサン/ニスモ製の3.0リッターV6直噴ターボエンジン・VRX30A evoを搭載する『ENSO CLM P1/01・ニスモ』を走らせるプライベーターチームだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 同チームは昨年、今季のマシン開発のためにシーズン中盤戦以降のエントリーを取りやめていたが、迎えた2018/19年スーパーシーズンは開幕戦のスパ6時間で総合5位フィニッシュを記録。レース後、上位チームの失格によって総合4位を得た。

 しかし6月中旬のル・マン24時間では、レース序盤にLM-GTEアマクラスのマシンと交錯すると、そのままコンクリートウォールに激突してしまい無念のリタイアを喫している。

 そんなバイコレスは8月17~19日にイギリスで開催されるWEC第3戦シルバーストンを控えた8月8日に、スパ・フランコルシャンでプライベートテストを行なうことを発表。チームによると、このテストの目的は開幕戦スパと第2戦ル・マンで使用した、いわゆるローダウンフォース仕様のエアロパッケージに代わって、第3戦から使用予定のハイダウフォース仕様パッケージの検証だという。

 新型エアロのチェックは今季のインディカー・シリーズへ参戦しているレネ・バインダーと、2017年ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズでルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したエンツォ・ギバートという若手2名が担当する予定だ。

 なお、現時点で第3戦シルバーストンにおけるバイコレス・レーシング・チームのエントリーは、3名のドライバー欄すべてがTBAとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します