現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GT300マシンフォーカス:ホンダNSX GT3/コーナー重視から変わったNSX。道上「いかにトラクションを生かすか」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.2

GT300マシンフォーカス:ホンダNSX GT3/コーナー重視から変わったNSX。道上「いかにトラクションを生かすか」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズンは14車種29チームがアツいバトルを展開しているスーパーGT300クラス。そのなかから11台をピックアップし、ドライバーや関係者にマシンの魅力を聞いていく。今回は、2018年からグローバルでのカスタマーレース活動が開始されたホンダNSX GT3にフォーカスする。

 2017年に販売が開始された2代目のホンダNSXをベースとするNSX GT3。実戦投入初年度となった昨年はアキュラNSX GT3として北米のIMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップを主戦場としてきた。日本を含むアジア圏やヨーロッパなど、グローバルでのカスタマーサポートが開始されたのは2018年からだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 マシンの開発はホンダの北米開発拠点であるホンダ・パフォーマンス・ディベロップメントが主導。製造はイタリアのJ.A.Sモータースポーツが行っているため、国産GT3カーというよりも、輸入GT3カーの色が濃い。

 レース仕様にするにあたり、HPDは市販モデルからハイブリッドシステムを非搭載とすると同時に、駆動方式を4WDから後輪駆動に変更。そのほか6速シーケンシャルギアの採用、軽量化を実施。搭載するエンジンは市販モデルと同じ3.5リッターツインターボV6で、ミッドシップレイアウトが採用された。

 2018年のスーパーGTではModulo Drago CORSEとCARGUY Racingの2チームが、このNSX GT3を投入している。

 ミッドシップレイアウト、そしてなによりNSXという名前から、回頭性が高いコーナリングマシンをイメージしがちだが、Drago CORSEでModulo KENWOOD NSX GT3をドライブしている道上龍は「昔、GT500をやっていたとき(NSXは)コーナリングマシンだと言われていましたけど、GT3に関しては、GT500のように“カリカリ”したフィーリングではない」と明かす。

「(コーナリング時の)ロール量も多いですし、プロも乗ればジェントルマンも乗るということを考えれば、ちょうどいい感じのスタビリティなんじゃないかなと思います」

「車体に関してはミッドシップということで、車重のバランスは前が軽く、後ろが重い感じです。(GT3は)GT500と違って車両の重配(重量配分)をいじることができないので、どうしてもフロントは軽いというか、荷重が乗りにくい」

「その反面、リヤはヘビーなのでトラクションがかかりやすいイメージはありますね」

「ただ、前後バランスがありすぎてもダメで、ほどよいところがいいんです。タイヤの温まりとかコースの環境によっては、そのへんがメリットになったり、デメリットになったりということがありますね」

「昔のように、NSX=コーナリングマシンのイメージではなく、止めるところはきっちり止めて、うまくミッドシップの武器であるトラクションを生かして、うまく縦を使うような走り方をさせるイメージになってますね。今までのNSXとは違います」

「いかにトラクションをうまく使って走らせるか。それを心がけないとですね。コーナーで頑張ろうと思うんですけど、1300kgも車重があると、一度滑り出すと止まらないんですよ」





■市販NSXとの違いと共通点。「アクセルを踏んだときの車速感はノーマルのほうがある」
 搭載しているツインターボエンジンについては、アンチラグが少なく「かったるい感じはしない」とのこと。「中間域のトルク、ターボが効き始めてきたときのトルクはものすごくあるなという印象」だといい、トップスピードよりも中間加速を意識した特性のようだ。

 GT3は市販車をベースとしたレーシングカーということで、気になるのは市販モデルとの乗り心地の違い。道上によれば、コーナリング中に感じる“ロール感”に市販モデルとの共通点を感じるという。

「ロール量はレーシングカーのほうがありませんけど、街中で乗っている時のロール感とサーキットで感じるロール感というのは、なんとなく動きとして似ている感じはしますね」

「当然市販車のほうが、街乗りも考えている分、ロール量は多いですよ。でも、どちらかと言うと、うまくロールを利用しながら走るクルマなんです」

「ただパワーについては(GT3より)市販車のほうがあります。エンジンとハイブリッド分で600馬力あるじゃないですか。だから、アクセルを踏んだときの車速感はノーマル(市販モデル)のほうがあるんじゃないかなと思います」

「レーシングカーのほうはターボエンジンで車重も軽くなってますけど、ハイブリッドは積んでません。ただ、そのトルクの感じ方はノーマルのほうがあるのかなというイメージですね」

 第1戦岡山はクラッシュでリタイアを余儀なくされたModulo KENWOOD NSX GT3だが、続く第2戦富士では中間トルクが太いというエンジン特性も生かして予選11番手、決勝8位でデビュー2戦目にしてポイントを持ち帰った。

 まだグローバル展開されてまもない車両ということもあり、開幕前は日本で使用されるガソリンやハイグリップタイヤにマッチしていない部分も多かったというNSX GT3だが、シリーズ折り返しを迎えてデータは揃ってきているはず。ランキング上位チームのウエイトが重くなる終盤は上位をかき回す存在になりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します