現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1の最高技術責任者が第一線から退く。テクニカルアドバイザーとして職務継続

ここから本文です
スポーツ 2018.8.1

ルノーF1の最高技術責任者が第一線から退く。テクニカルアドバイザーとして職務継続

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1チームは、チーフテクニカルオフィサーのボブ・ベルについて、現在の役職からは退くものの、テクニカルアドバイザーとしてパートタイムで関わり続けると発表した。

 2001年にルノーへ加入したベル。2003年にはテクニカルディレクターに就任し、2005年、2006年にはルノーの2年連続チャンピオン獲得に貢献した。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ベルは2010年シーズン終了後にチームを離れてメルセデスに移った、2014年4月まで在籍した後、当時のマノー・マルシャ・チームに短期間在籍、2016年2月にふたたびルノーに加わった。

 ルノー・スポールは、7月31日に声明を発表。以下のように説明した。

「現在チーフテクニカルオフィサーを務めるボブは、ルノーがワークスチームとしてF1に復帰し、技術基盤を確立させるうえで有益な務めを果たしてきた。しかしながら、F1で36年間を過ごした後、現場の最前線からは退いて、このスポーツ以外にも関心事を見つけたいとする本人の希望は当然のことと言える。彼は、パートタイムという形でこれからもチームに関わっていく」

「ボブは、この戦略上重要な役割を担い、マネジングディレクターのシリル・アビテブールに直接報告する。ビリーとエンストンとの間の連携も現在では十分に機能的かつ活動的なものとなっており、F1チーフテクニカルオフィサーの役職にボブの後任は置かない」

 ルノー・スポール・レーシングのマネジングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、以下のようにコメントした。

「わずか2年半でルノー・スポールを、ポイントを獲得できるチームに成長させるために、彼は力を注いでくれた。彼はまた、チームにとって大きな精神的支柱であり、スタッフ全員のやる気を引き出してまとめ、また個々にベストな成果を創出させてくれた」

「チームの経営レベルにおける今回の計画されていた人事異動により、ボブの任務は、パートナー企業のみならず、F1のさまざまな関係者たちや、ルノー・日産・三菱アライアンスとの協業方法を探求することとなる。そのことを通じて、グリッドのポジションをより確実に上げ続けていく」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します