現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「空力、ホンダPUともにテストアイテムがうまく機能。実戦投入が楽しみだ」:F1テスト デイ1

ここから本文です
スポーツ 2018.8.1

トロロッソ「空力、ホンダPUともにテストアイテムがうまく機能。実戦投入が楽しみだ」:F1テスト デイ1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1インシーズンテストがハンガリーで行われ、初日の7月31日、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは全体の3位のタイムを記録した。
 トロロッソ・ホンダは今回2日間にわたりピレリの2019年用タイヤ開発テストにも協力、そのため2台のマシンを走らせた。ハートレーはトロロッソ・ホンダのテストを行い、ショーン・ゲラエルはピレリの2019年用開発プログラムに専念した。

 ハートレーはこの日参加した全ドライバー中最多の126周を走行、ウルトラソフトタイヤで記録した1分19秒251で3位となった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 2019年プロトタイプタイヤで走行したゲラエルは、午後のセッションにおいてターン11でハイスピードクラッシュ、セッションは赤旗中断となった。ゲラエルにけがはなかったものの、マシンは大きなダメージを負い、チームはその後の走行を中止した。ゲラエルは合計109周を走り、タイムは1分21秒451で10位だった。              

「ブダペストでのテスト初日は、通常のテストプログラムを行うマシンに加え、ピレリのタイヤテスト用のマシンを走らせたため、チームにとってはとても忙しく、けれども非常に有意義な一日となった」とトロロッソのチーフレースエンジニア、ジョナサン・エドルズは語った。

「ブレンドンがトロロッソ・ホンダのテスト用マシンのステアリングを握り、メカニカルセッティング、エアロダイナミクス、タイヤの使い方、そしてホンダが行うパワーユニット関連のテストなど、多くの項目をカバーするプログラムに取り組んだ」

「通常のレース週末に比べると時間的制約が少ないこともあり、今後のレースで投入予定があるいくつかのアイテムを装着し、普段は行えないより精緻な内容でのテストを行った。期待していた効果を確認でき、非常にうまくいった」

「パワーユニット関連でも多くのアイテムをテストし、どれもよく機能していたと思う。エアロのテストについては明日も継続し、他チームが今日行っていたようなエアロレイクを装着した上での走行を行う予定だ」

「高い気温の下でのタイヤの使い方に関しては、先日のハンガリーグランプリの中でチームとしてかなり理解が進んだと感じている。今日はその効果を改めて確認し、さらに改善を果たすための作業に取り組んだ」

「今日はとても生産的な一日だった。テストで試したアイテムにはパフォーマンスに非常に期待できるものもあったので、これを今後実戦投入するのが楽しみだ」
              
「明日も今日と同様に2台のマシンを走行させる予定で、ブレンドンとピエール(・ガスリー)がタイヤテストを担当、ショーンがチームのテスト用マシンを走行させる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します