現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年仕様のウイングが初登場。フェラーリ&ジョビナッツィ、非公式のトラックレコードを記録/F1テスト デイ1

ここから本文です
スポーツ 2018.8.1

2019年仕様のウイングが初登場。フェラーリ&ジョビナッツィ、非公式のトラックレコードを記録/F1テスト デイ1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1インシーズンテスト2回目がハンガリーで行われた。初日7月31日にはハースを除く9チーム10人のドライバーが参加、フェラーリのアントニオ・ジョビナッツィがトップタイムを記録した。

 2日間にわたるテストが火曜にスタートした。午前中はドライコンディションだったが、午後には赤旗中断があり、終盤に激しい雨が降った。

    【F1テスト デイ1・タイム結果】フェラーリが2.5秒の大差でトップ。トロロッソ・ホンダのハートレーは3位

 フェラーリに起用されたジュニアドライバーのジョビナッツィは、ハイパーソフトタイヤを使い、2位のザウバーより約2.5秒も速いタイムを記録した。ジョビナッツィの1分15秒648はハンガロリンクにおける最速タイムだ。テスト直前のハンガリーGPではハイパーソフトは採用されず、最もソフト寄りのタイヤはウルトラソフトで、予選は雨に見舞われた。その状況のなか、セバスチャン・ベッテルが週末のなかで記録した最速タイムはプラクティスでの1分16秒170だった。条件は全く異なるが、ジョビナッツィはこれより約0.5秒速いタイムを出したことになる。

 2位にはザウバーのマーカス・エリクソンが続いた。エリクソンはジョビナッツィと同じハイパーソフトを使い、1分18秒155のタイムを出している。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが3位。ハートレーはこの日の10人のなかで最多の126周を走行、ウルトラソフトで1分19秒251のタイムを記録した。

 4位はマクラーレンのランド・ノリス。ウルトラソフトで1分19秒294をマークしたノリスは、107周を走った。

 メルセデスを走らせたジョージ・ラッセルが5位。周回数は49周と最少にとどまったラッセルは、スーパーソフトで1分19秒781のタイムを記録した。

■3チームが2019年仕様の実験的フロントウイングをテスト

 6位はレッドブルのダニエル・リカルドだった。リカルドは125周を走り、自己ベストタイムはウルトラソフトでの1分19秒854だった。
 フォース・インディアのニコラス・ラティフィが7位。ラティフィはソフトタイヤで1分19秒994を走った。

 レッドブル、フォース・インディア、ウイリアムズは2019年の規則に合わせた、幅広くシンプルなフロントウイングを初めてテストした。2019年には、オーバーテイク促進のため、200mm幅広く、25mm奥行が広がり、エンドプレートやウイングコンポーネントがシンプルになったデザインが採用される。3チームはこの日、実験的なフロントウイングを数周にわたってテストし、データを収集した。

 8位はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。ミディアムでの1分20秒826がヒュルケンベルグの自己ベストタイムだった。

 ウイリアムズのオリバー・ローランドが9位。ローランドはソフトで1分20秒970のタイムを出した。


■トロロッソ・ホンダで走ったゲラエルはクラッシュ

 ショーン・ゲラエルはトロロッソ・ホンダでピレリのタイヤテストを行った。ゲラエルはターン11でハイスピードクラッシュを喫し、セッションは赤旗中断に。ゲラエルにけがはなかったものの、マシンは大きなダメージを負い、チームはその後の走行を中止した。ゲラエルは2019年プロトタイプタイヤで109周を走るなかで、1分21秒451で10位となった。

 今回のテストをハースは欠席している。チーム代表ギュンター・シュタイナーは、6週間に5回グランプリが開催されるというハードスケジュールであったことを考慮し、夏休み前の時間をファクトリーでのデータ分析に当てると説明している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します